不倫の一番の苦しみの元は‘夫は変わらない‘という思い込み

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む多くの相談者にとって、夫のどういう所に頭が奪われて失意に
陥ってしまっているのか
一見すると夫が以前のような夫ではなくなっている事です

『夫はこんな人ではないんです』
『正直うちの夫が不倫するなんて、絶対にあり得ないと思っていました』
『私にしてみれば、本当にショックでしかありません』

と、100人中100人がそういう心境になるわけです

しかし、世の中は有名人の不倫にもあるように

‘え、この人が‘

というケースは少なくありません

今年に入っても東出昌大や渡部健、瀬戸大也等の報道を聞いて

『全然そんなイメージなかったのに』
『ウソでしょう、あんなにきれい奥さんがいるのに』
『え、この人もそうなの、見かけによらない』

というような感覚があるのです

そう考えると、自分の夫が不倫する人間の可能性をゼロに近くしている自分
が一番の敵になっているのです
言い換えると

‘夫は変わらない‘

という見立てが大きく不安を駆り立てる原因になっているのです

確かに結婚した時には、夫は自分を大事にするという思いがあったのです
それがなければ結婚していません
しかし、その後時間の経過と共に夫婦お互いの緩みがあるのです

例えば新しいマンションや戸建てに入居すれば、しばらくは何もメンテナンスは
いらないわけです
しかし、徐々に雨風にさらされたりして部品や塗装が劣化するのは当然です

誰もがメンテナンスは必要という状況になるのです
体も歳を重ねれば、いたるところに劣化があるのは言うまでもない
その中で夫婦だけはメンテナンスしないまま、

‘結婚してから放置‘

という状況があるのです
もちろん、子供の誕生や転居などの変化もあるわけですが、それを差し引いても
夫婦の変動には鈍感なのです

そこに一番の不安要素を感じなければけないのです
夫婦はオートマチックに進むものではない
妻に知らない外での人間関係を、夫は常に持っているのです

そこからモノの見方や考え方等が年々変わっていくわけですが、必ずしもいい方に
変わるわけではないのです
惰性も慢心も狡猾な心理も出てきます

それは結婚した時に比べれば、格段に拡がっていてもおかしくないのです
仕事で怒られたとか、真面目にやっても浮かばれないとか妻に話しても解決しない
事とか惨めになるだけという思いも持っている

そこには夫婦の関係に共有は乏しいのです
それよりも外で自分の状況を知っている人間に話して、それがたまたまブス女との
出会いになってもおかしくない

また、逆に全然知らない人間にマッチングアプリで出会って不倫が始まる事も多い
のです
それらは夫婦の関係性を下げても構わないという、緩みや舐めている心理があるから
こそです

要は夫婦に緊張感や真摯な気持ちがないのです
そこに気付かなければ、いつまでも夫のビフォーアフターにショックを受けている
だけ
の自分になってしまうのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら