〔不倫ブス女のブスっぷり〕を避けずに見る勇気が全てを好転させる

不倫ブス女のブスっぷりを知る

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者が、何をしても自分が悪い事をしたのではないかという
自責の念に駆られている状況が日々全国で起こっているのです
その悪い事をしたというのは誰に対してなのか

それは

‘自分の大事な夫‘

という思いです

・『この人が不倫をするという事は、私に不満があったという事』
・『夫が不倫をするのは妻である私が至らなかったから』
・『夫婦がうまくいかないのは私が夫の事をわかってあげなていなかったから』

という、夫の認定を受けていないというような感覚です

不倫ブス女に気持ちで負けている

 

つまり自分への拒否がブス女に行っている構図を認めているようなものです
それは心のどこかで

`ブス女に負けている`

という思いがあるようなものです

相談者の中には

『正直相手の女は相手にしたくない、同じ土俵に立ちたくない』

というような思いを持っている方もいます

それはそれでいいも悪いもありません
しかし、他人の不倫であればそれでいいですが自分の夫の不倫のブス女です
から、無視しても意味がないのです

要はブス女をしっかりと間近で見なければ

『こんなブス女相手じゃない、本当にチンケな女』

という自分にならないのです

不倫ブス女は本当にブス

 

私が見ても本当に容姿も生き方もブスな女がまさにブス女です

『よくこんなブスと寝れるわよね、ドン引きだわ』

と言える妻が一番毅然としているのです

そこに到達してもらう事が非常に重要です

私が相談者に

『ブス女を見ればこんなあほな女に覚えていた自分と、バカな夫と心から言う
自分になるのですよ』

と、再三再四お話しします

最初はブス女にビビっていた相談者も、

『勝手に私が負けていたんですね、負けているのを認めるのが怖かったんです』
『本当に見れば見るほどブス、今まで避けていたからわからなかったです』

と、ブス女の前に自分に負けていた事に気付くのです

それがわかると、それまでの夫婦でいかに自分が都合の悪いモノを排除してきた
かという事を改めて認識します

不倫ブス女を直視する

 

夫が不倫をしても

『夫が辞めてくれるのが一番いい、私は信じて待つ』

と、自分に都合のいい理屈をつけてブス女に対峙する事を避けてきたのです

正直夫は夫で小心者で、本当に情けない男でしかないのです
その夫に、不倫のケツを拭う実力なんてないのです

しかし、現実から逃げている妻にもその実力がなかったのです

そこから

『私が逃げても夫はもっと逃げる、私が腹を決めて戦うしか道はない』

という自分を作れば、しっかりとブス女のブスっぷりを直視できるのです

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための心理カウンセリングを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら