‘至らない妻と不倫夫の等価交換‘が大事な倫理や正義を奪っている

‘至らない妻‘の自虐が倫理を奪う

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者が、カウンセリングの中でよく口にする言葉が幾つか
あります
その中で特に出てくるのが

『自分が正しいのか正しくないのかよくわからないです』

という言葉です

もちろんそういう言葉が出てくる相談者の心理はよくわかります
なぜなら、

『妻としてちゃんと夫に接してきたのか』
『夫を大事にしてきたのか』
『夫をないがしろにしていなかったか』
『子どもに気を取られて、夫の事は関心が薄くなかったか』

と、とにかく夫にとっての妻という基準で考えるからです

もちろん、それを考えたら100点満点の妻はそうそういません
結婚生活で正直夫との関係は、

‘なあなあ‘

になっている夫婦は世の中ごまんといます

いや、そうならない夫婦の方が少数派のはずです
そこを追究し出すと、まず間違いなく自分を責める事になります
しかし、それで夫が不倫していいなんてバカなことにはならない

しかし、どうしても自分を責出すとそこに頭がとらわれてしまいます
いわば、

‘至らない妻と不倫夫の等価交換‘

を自分の中で勝手にしてしまうのです

至らない妻という思いが、不倫を許せないとか放置しないという倫理や正義を
奪うのです
そもそも至らない妻は反省して直せばいい事です

しかし、不倫は犯罪ですから糾弾されるべき事です
つまり、モノが全然違う事を自分が勝手に等価交換しているのです
そこに気付いていないから、

『自分が正しいか正しいくないかわからない』

というに言葉が出てくるのです

それをカウンセリングの中でしっかりと理解してもらうのです

『自分を責めるのは仕方がありませんが、不倫は全く別物ですよ』
『夫は不倫をあなたのせいにして、それで肯定しているようなものです』
『正しいものはルール通りで、ルールに反したら正しくないという事だけす』

と、相談者が勝手に自分を正しくないというステータスにしている事をやめて
もらうのです

不倫が起れば、それ以上に悪い事なんてそうそうありません
仮にあったとしても、妻の至らなさが不倫より悪い何てあり得ないのです
それ位、夫に

‘〇ב
‘正誤‘
‘善悪‘

の基準を渡してしまっているのです

それは多くの相談者に共通している状況です
相談者の持つべき基準は

‘世の中のルール‘

です

それを忘れてしまっていては、夫婦がどうのこうのの前に社会の一員でなくなる
のです
誰が見ても妻の至らなさよりも、夫の不倫が正さなければいけない事です

夫ではなく社会を優先させなければ、自分が自分でなくなるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら