‘不倫は許せない‘と‘夫は夫の前に男‘という独身の時の自分を思い出す

不倫対処に独身の自分を思い出す

夫婦カウンセラーの木村泰之です

多くの相談者にとって、夫という存在を正直過剰に大きくしている現実がある
という事を、あまりよくわかっていません
しかし、よくよく考えてみれば端的に言えば

`不倫をしている男`

という事です

その不倫している男が、たまたま自分の夫だという事です
例えば独身の頃の自分であれば、浮気する男をどう見ているのか

『最低な男、絶対に許せない』
『私にはあり得ない男、それだけ』
『こんな男はもう死んでほしい』

という感覚というか言葉が出てくるはずです

しかし、結婚したらその自分はどこに行ったのか

『ごめんなさい、私が悪かった』
『ダメな奥さんであなたに嫌われてしまって、もう一度チャンスをください』
『私にはあなたが必要、私を見捨てないで』

というように、自分の中で不倫している夫を否定どころか

`媚びる対象`

にしているのです

それを独身の頃の自分が見たら

『私ってこんなに情けない妻になっているの、自分に失望』

という思いを持つはずです

同じ自分なのに、自分を否定してしまう自分を想像するのです
人間、自分を常に肯定できる時ばかりではないのは確かです

例えば、自分の行動や言葉が誰かに対して誤っていたというような時です

しかし、過去の自分に

『同じ自分として情けない』

という否定はそうそう起こらないのです

それ位、人間は自分で自分をわかっていないという事です

そこから

‘自分を信じない‘

という位に、自分を変える必要があるのです

言い換えると、自分を疑うクセをつけるのです
自分で都合よく考えている自分や、本当に納得していない事でもなあなあにして
いる自分がいないか

『昔の私は真面目で不倫は許せなかった、けど今は夫については強く言えない』

それでいいのかを、真剣に考えなければいけないのです

しかも正義感や道徳観に関わる事ですから、自分が独身でも既婚者でも同じはず
です
それを180度違う事を言っている自分でいいのか

それをカウンセリングの中で、しっかりと相談者に問うのです
すると、相談者も

『まず自分がしっかりしなければいけないですよね』
『夫がどうこうの前に自分を否定しているから、自分を変えなければいけない』

と、自分の生き方の基準を見直す意識が出てくるのです
そこから、相談者の頭の中で

‘夫は夫の前に男‘

という見方が出てくるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら