不倫はリビングで夫を詰めても終わらない家の外の実態を掴むのが先

不倫は家の外の実態を掴む事が先

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫には、妻である相談者は何をしても苦しい状況を強いられています
不倫は家の中で起こっているわけではなく、外で起こっている事です
という事は目に見えないわけですから、その匂いや雰囲気を家に持って帰る
夫に接しているだけで

『絶対に怪しい、私のカンが働いている』
『カバンの中に女からの手紙が入っていた』
『スマホのラインに女からのメッセージが来ていた』
『ワイシャツに口紅がついていた』
『二人分の食事のレシートが入っていた』

というように、不倫を想像できる痕跡が出てくるのです

それは自分の中では、いくらでも不安や疑念が広がってしまうのです
そこから何をすればいいのか
それは決して

‘夫にすがる‘

事ではないのです

よくあるケースが

『もしかして旦那に女がいるのでは、私は捨てられるのでは』
『夫が最近冷たいワケがわかった、私が優しくなかったからかも』
『最近の夫はおかしいと思っていた、私に愛想を尽かしたんだ』

という、夫に接する態度を改めるような心理が働いていしまいます

その方向に行くと、結局自分で自分の首を絞めてしまいます
なぜなら、妻が夫にすがると喜ぶのは

‘夫とブス女‘

でしかありません

夫は妻をコントロールしやすくなりますし、ブス女もビビる妻には舐めて
来る状況を生んでしまいます
この状況では、バカな二人を好き勝手にさせる事になります

ここですべきは、

‘夫とブス女への冷静なウオッチング‘

です

要は夫をすぐに詰めると、一旦は謝るかもしれません
しかし、すぐにブス女にあおられて

『お前が俺に優しくなかったからだ、お前は俺をわかっていない』
『俺にはお前にはもう気持ちはない』
『俺はもう無理、早く別れてくれ』

という態度を出してくるのがオチです

それよりも、夫の様子をしっかりとウオッチングする事で

『やっぱりにらんだ通り、会社の女なんだ』
『毎週水曜日は必ず会っている、早帰りの日だ』
『大体このエリアで会っている事がわかった』

というように、バカ二人の行動を掴むのです

その分析が必要なのです
そこからこの不倫に対して、

『こんなアホな事は絶対に許さない、私を舐めるな』

というように、自分の倫理観や正義感を強く出す自分を作るのです
不倫という悪事は家の外で起こっているのです
それを家のリビングで夫に

『もうお願いだからやめて、今なら許すから』
『私も悪かった、反省するから不倫はやめて』
『女に会わせて、話がしたい』

というような事を話しても不倫をやめるなんて殆どないわけです

夫をあおるブス女を叩かなければ、この悪事はつぶせないのです
それをしっかりと理解してもらうのが、カウンセリングなのです
夫のウオッチングは非常に苦しいわけですが、それを一緒に頑張ってもらう
ためにも、アドバイスや苦しい旨の内を吐いてもらうのです

そこを耐えて現実を知ると、しっかりと戦う強さを持っている自分に変わる
のです
それを数多くの相談者が経験しているのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら