不倫には【これ以上騙されたくない】という怒りが必要不可欠

夫の不倫には怒り

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者とお話ししていますと、夫の言動に振り回されている自分に
どうしても陥ってしまいます
要は腫れ物に触るような、おっかなびっくりの自分になってしまいます

不倫を詰める妻の特徴、夫の特徴

 

そこから、夫の不倫に気付いていろいろと調べて、

  • ‘ラブホのカード‘
  • ‘コンドーム‘
  • ‘ブス女からの手紙‘
  • ‘アホなラインのやり取り‘
  • ‘乳繰り合いの動画‘

 

など、確証の持てる証拠が出ると意を決して

  • 『私に言う事があるでしょう』
  • 『隠さないで、ちゃんと言って』
  • 『不倫しているでしょう、わかっているんだから』

 

というように、詰める相談者も少なくありません

すると夫は最初は

  • 『何を言っているんだ、俺は知らない』
  • 『俺は何もしていない』
  • 『俺を疑うのか』

 

とシラを切っても、ある程度わかっている事を言うと

  • 『ごめん、悪かった』
  • 『あーそうだ、不倫した』
  • 『そこまで知っているんだ、謝る』

 

というように、認めざるを得ない態度を出してくる

不倫ブス女の特徴

 

そして、そのブス女との不倫の経緯や素性を夫の口から喋らせます
夫も言わなければいけないという思いで、説明します
さらに妻も詰めて、ブス女と別れさせるようにします

『それじゃあ納得しない、その女に今連絡して』

というように詰めると、

『聞いてみる』

と言って、その場でブス女と電話で話すケースがあります
その時には、ブス女も急にかかってきた電話に

 

  • 『すみません、もう私も別れようと思っていました』
  • 『そんなつもりはなくて・・・ごめんなさい』
  • 『奥さんに嫌な思いをさせました、謝ります』

 

と反省の態度で話します

隣で聞いている夫は、シュンとして聞いています

そして、その場で連絡先を削除させて夫にももう会わないようにさらに約束させる
ようにします

そのような流れになるケースは少なくありません

しかし、その後結局水面下でバカ二人が続いている事がわかり私の所に来るのです

要は夫という人間は、最初に詰めた時にシラを切っているのです

世の中から乖離している不倫バカ二人の頭の中

 

そして、しぶしぶ認めても結局はブス女も妻への嫉妬とコンプレックスから不倫を
やめる事はないのです
それ位、このバカ二人の思考は世の中と乖離しているのです

 

何も悪くない妻が、騙されている現実をどうにかしたいという思いでカウンセリング
を日々行っているわけです


その中で最初にすべきは

‘不倫の正確な把握‘

です

不倫は妻である相談者が想像している以上に、バカ二人は倫理が外れているのです

その現実を知ってもらう事で

『これ以上騙されたくない』
『もう私の怒りは収まらない』

という思いがこの不倫には必要不可欠なのです

それを持って初めて、このバカ二人にはしっかりと戦う心の準備ができるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら