夫の不倫には大親友に相談された時に言うべき言葉を自分自身に言う

大親友への言葉を自分にも言う

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者の考えている事を、先読みしながらカウンセリングするわけ
ですが、何を読みながらアドバイスをするのか
それは

‘人に相談されたらどうするか‘

という事です

不倫夫の

『お前の顔は見たくない』
『早く離婚してくれ』
『俺とお前はもう終わっている』
『もう時間の無駄だ、お前もわかっているだろう』

という言葉を受けて、相談者は

『私は夫に嫌われるのが怖いです』
『夫婦を修復したいです』
『また一から仲良くなりたいです』

という思いが出て来ます

その気持ちをどうすればいいのかというアドバイスを聞きたい
しかし、そんなアドバイスはできませんし存在しないのです
なぜなら、不倫している夫にすがっているようなスタンスで状況が好転するわけが
ありません

私から言うべきは

『あなたの方が夫を嫌う立場ですよ』
『夫婦を修復するって、壊れた時計を直すのとはワケが違います』
『仲良くする前にすべき事があります』

という事です

しかし、それでは相談者は頭ではわかっていても自分の思いと逆行するアドバイス
に感じています

そこに

『もしあなたの大親友から、夫の不倫の相談を受けたらなんて言ってあげますか』
『泣きながら、あなたにしか言えないと言われたら何と答えますか』
『あなたにとって大事な親友が泣いている姿を見て、どう思いますか』

と質問します

しばらく考えた上で、

『許せないから、一緒に戦おうと言います』
『その旦那にも怒りが出て来ます』
『あり得ない、あなたは悪くないと言います』

と、大親友に相談された立場の心境を言葉にします

それは自分が相談者の立場とは真逆と言っていい言葉です
しかし、話しているのは同じ相談者です
人間と言うのは

‘自分に言う事と他人に言う事‘

が同じとは限らないのです

言い換えると

‘他人の事はわかっても自分の事はわからない‘

のです

他人に言う事と自分に対して言う事は、往々にして前者の方が正しいものです
なぜなら、他人に言う事は無意識のうちに

『世の中の目線で言わなければいけない』

と、言葉の基準を元に発しているからです

それを相談者にわかってもらう必要があるのです
自分の夫の不倫を考える時には、その発する言葉の基準は

‘夫からどう思われるか‘

です

しかし、他人の事を考えている時には

‘世の中がどう思うか‘

が基準です

相談者の思考を前者から後者に入れ替えてもらうのです
そういう作業をする事で、相談者は

『親友に相談されたらどう答えるかを、私自身にも言わなければいけない』

という思いを持ってもらうのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら