夫の不倫ごときで人生を棒に振らない最後まで諦めない自分を作る

夫の不倫に負けない

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

夫の不倫に悩む相談者と日々接触していますが、その相談者に必要な思いや考えを色々と
アドバイスするわけです

 

その思いや考えというのは、もちろん相談者の性格や状況や今までの生き方等で違います

 

それらを十分理解したうえで、アドバイスを送る必要があるのは当然です

 

その中で、ある程度共通したアドバイスもあるのです

 

それは

 

‘心の持ち方‘

 

です

 

木村泰之は自分に希望を持つ事をアドバイスする

 

 

相談者は夫に裏切られて、心が折れている状態でネットサーフィンの中で私のブログ
やyoutubeを発見して、連絡される方が殆どです

 

では、なぜ私の所に話を聞こうと思うのか

 

それは、

 

‘自分に希望を持つ‘

 

という事を書いているからです

 

多くのカウンセラーが、夫の不倫が起こると

 

  • 『もっと優しくしなければ、心が戻ってこない』
  • 『夫には愛情を注いで、今までよりももっと大事にしなければいけない』
  • 『ご主人をあなたがもっと理解してくれたら、変わるから』

 

というように、そんな事で不倫をやめるのかしらというような事を恥ずかしげもなく
伝えます

 

俺を立てろお前が悪いという不倫脳夫

 

 

もちろん、そんな事で不倫をやめたらこんなに楽な事はないのです

 

むしろそういう妻を見て、

 

  • 『俺を立てろ、お前が悪いんだから』
  • 『俺の事を大事にしろ、今まで俺が我慢してきたんだ』
  • 『もっと俺の言う事を聞け、生活費だけは入れてやる』

 

と、調子に乗るのは当たり前の流れです

 

しかし、相談者である妻はあまりにも気持ちに余裕がないので

 

  • 『とにかく言われた通りにやってみよう』
  • 『やった事がないけど、それでやめてくれるのであれば』
  • 『夫を取り戻すには、私がもっと変わらなければ』

 

という、半ば強迫観念で不倫に目を瞑ってアホな事をやってしまいます

 

もちろん、このバカ二人はますます調子に乗るだけです

 

そこで初めて気付いて

 

  • 『こんな事やっても全然意味がない』
  • 『そもそも、私には気持ち悪くてできない』
  • 『やっていて馬鹿らしくなった』

 

というように、自分の中で大きな違和感を持つのです

 

夫婦をどうするかではなく自分をどうするか

 

 

そういう中で、木村泰之のブログやyoutubeを見て連絡する人は少なくありません

 

私がブログやyoutubeでお話している事は

 

‘夫婦をどうするか‘

 

ではなく

 

‘自分をどうするか‘

 

です

 

両者はどう違うかと言えば、夫がいるかいないかという事です

 

多くの相談者は、

 

‘夫婦をどうにかしたい‘

 

と考えています

 

それは自分と夫を意味していて、一見普通というか当然の考え方です

 

しかし、夫を入れる事で悩みが尽きない状況になる事をわかっていないのです

 

要は、今の悩みの中で夫をどうにかすると考えてはいけないのです

 

そう聞くと

 

  • 『え、でも夫が不倫してるのだから、夫が変わってくれなければどうするの』
  • 『夫婦の事をどうにかしなければ、私一人じゃ意味ないのでは』
  • 『夫さえ変わってくれたらいいと、そう思っていたけど』

 

という思いが出てくるのです

 

夫を変える事はできるのは夫だけ

 

 

しかし、結局夫を変える事はできるのは夫だけです

 

その夫と自分を一緒に、もしくは夫だけ変えたいと思っていても土台無理な話です

 

そもそも、自分に置き換えてみればわかる話です

 

夫から

 

『とにかく離婚だ、早くしろ』

 

と言われて、自分が言う事を聞くのかと言えばそんな事はないのです

 

自分の意思があるのです

 

もちろん夫のやっている事は不倫という悪事です

 

普通に考えたら、うんもすんもなく

 

‘やめるのが当然‘

 

です

 

 

不倫には快楽というややこしいものが存在する

 

 

しかし、不倫というものには

 

‘快楽‘

 

というややこしいものが存在しているのです

 

自制しなければいけないモノには、もれなくこの快楽がつきものです

 

それをやめられないバカ二人に、周りができる事は

 

  • 『お願い、やめてちょうだい』
  • 『あなたはそんな人ではない』
  • 『私を苦しめないで』

 

という、神頼みとか懇願ではないのです

 

その自制できない事で、迷惑を被っている自分がいるのです

 

いや、自分だけではないのです

 

子供や親兄弟、友人知人も大きな不安や嫌な思いをしているのです

 

そこに、ダメな事をしている夫を変えたいではなく

 

  • 『私の怒りを知りなさい』
  • 『私の大事な人達の分の苦しみも味わいなさない』
  • 『世の中から外れている罪を償いなさい』

 

という事だけです

 

夫婦を変えるとか夫を変えるなんて全然見当違い

 

 

そこにあるのは、

 

‘自分の意思‘

 

だけです

 

夫婦を変えるとか、夫を変えるなんて全然見当違いなのです

 

夫とブス女に必要なのは、

 

‘快楽に等しい痛み‘

 

なのです

 

その快楽が周りの人に迷惑を変えているモノでなければ、何も問題有りません

 

不快というものに違うアプローチをしていいはずがない

 

 

しかし、明らかにその快楽は当事者だけで周りの人間からすると

 

‘不快そのモノ‘

 

でしかないのです

 

その不快というものに、違うアプローチをしていいはずがないのです

 

誰かに迷惑をかけているのであれば、それを知った人は

 

‘ノー‘

 

を強く表明しなければいけない

 

その不倫当時者のバカ二人も、不快感を与えていると心のどこかではわかっている

 

しかし、それを上回る快楽とか

 

  • 『見つからなければいい、俺たちが良ければいい』
  • 『別に好きなだけ、それが何がいけないの』

 

という、本当に身勝手な事しか考えていないのです

 

その実態をカウンセリングの中で、しっかりと理解してもらうのです

 

すると相談者も

 

  • 『夫婦をどうにかしようなんて、考えていた自分がバカらしくなってきました』
  • 『夫は自分で自分の事を反省してもらうだけです』
  • 『自分や子供や親の事をかんがえると、ただただ許せない気持ちです』

 

というように、自分のエネルギーや時間の向ける先が変わってきます

 

それまでの夫婦や夫への執着と言ってもいい思いが、少しずつ希薄になるのです

 

それもこれも、自分がやらなければならない事が明確になるからです

 

不倫がやめて欲しい事から絶対に許さない事に変わる

 

 

そこから、夫の不倫の捉え方が全く変わってきます

 

単純に

 

‘やめて欲しい事‘

 

だったものが、

 

‘絶対に許さない事‘

 

という思いに変わるのです

 

それは、夫の不倫を自分の知らない所で終わって欲しいという他力本願だった自分から
主体的に糾弾する意識です

 

要は夫への期待値が高い時には、

 

『夫はやめてくれる、私を大事にしてくれる』

 

という思いです

 

しかし、それは待てど暮らせど何も変わらないどころかますますひどくなっているのです

 

自分主体に生きるという思いを強く持つ

 

 

その現実を知って、神頼みの自分では何も進まない事を心の底からわかるのです

 

そこから、

 

『夫の不倫ごときで自分の人生を棒に振るなんてあり得ない』

 

という怒りに変わって来るのです

 

そして、この苦しみに最後まで諦めないという思いで戦うのです

 

それ位、この不倫というアホな大人が起こしている悪事を

 

  • ‘夫婦を変える‘
  • ‘夫を変えたい‘

 

と、見当違いな捉え方をしていた自分から脱却するのです

 

そこには、自分主体に生きるという思いを強く持つからこそです

 

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら