不倫ブス女に依存する弱い夫の下に入っている自分を一番上にする

不倫夫とブス女の上に立つ

公開日 2017年9月11日 最終更新日 2021年2月17日

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫はなぜ不倫をするのか
という疑問は相談者には常についてまわります
しかし、その疑問は真っ当な人間の思考ではわかりません

『夫は何をしたいのでしょうか』
『夫はこれからどうするつもりでしょうか』
『夫は離婚したいのでしょうか』

という疑問は当然です
仮にその疑問を当の夫にぶつけても、

『お前には関係ない』
『俺の事にいちいち口をはさむな』
『俺はもうお前には愛情はない』

と、答えにならない事を言い出すだけです
その夫の回答に妻は困惑するのです
つまり、夫自身不倫をしている自分に責任が持てないのです

仕事の話とは真反対の非社会的行為をしている自分に、まともな答えはありません
仮に妻と離婚したいというだけであれば、もっとまともな事を言うはずです
しかし、結局は自分の恥ずかしい部分を言葉にできないわけで、妻に詰められても
全くもってとんちんかんな事しか出て来ません

そこに唯一、アホな夫の味方であるブス女が

『あなたは全然悪くない』
『奥さんにはこれ位の事を言ってもいいの』

と、自分の悪意をも正当化する事も兼ねて、不倫を大した事ではないと薄めるのです
そのブス女ごときの言葉にさえ、普段は社会的立場のある夫でも

『俺の事を認めてくれている』

と、洗脳されるのです
そこには、自分のやっている事に怖さを感じているからこそ、ブス女を便りにして
いる夫がいるのです

ブス女の堂々と股を拡げて、堂々とふざけた言葉を夫に吹き込むのです
それを

『何て強い女なんだ』

という思いで引っ張られるのです

そのアホさを持つブス女に夫の弱い心が喜ぶのです
その夫の弱さにさらに弱い自分が下に入っているのです
カウンセリングでは、

妻<ブス女<ブス女

といういびつな順番になっている現実を教えるのです
そして、夫にもブス女にも圧倒的に強いはずの妻を思い出してもらうのです

『あなたがこんな理不尽に甘んじてはいけない』

という、本来あるべき自分に戻ってもらう
そのための作戦会議がカウンセリングなのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA