不倫脳夫とブス女に不信感ではなく憎しみが出て本当の自分

不倫には怒りと憎しみを出す

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとって夫と
いう人物に
対してどういう感覚があるのか
それは、不信感の前に不思議とかあり得ないというものです

『こんな事をするなんて信じられない』
『ウソでしょう、そんなはずはない』
『何でこんな事をするのか理解できない』

という、まさに今までの世の中で見た事がないものを見た心境です
多くの相談者は初めて経験する事ですから当然と言えば当然の話で、右往左往する
方が先に
出ます

夫はと言えば、妻にバレていないと思っていてもいつも一緒にいるわけですから、
違和感を
かなり出している自分をわかっていません
そこに妻は徐々に不思議と共に不信感を持ち始めます

『俺は何もやっていない、お前の気のせいだ』
『何を言っているのかよくわからない』
『そんな事を俺がするはずないだろう』

という態度を出す夫に

『じゃあ、このカバンの中のラブホのカードは何よ』
『ラインであり得ない会話しているじゃない』
『土曜出勤なんてそんなに多いはずない』

と、うそや言い訳をする夫に対して不信感が募るのです
その不思議や不信感の状況でカウンセリングに来る方が殆どです

『夫の事は信じたいけどここまでくると信じれませんが、この後どうすればいい
のかが
わからなくて』
『夫と修復したいのですが、どうすればいいでしょうか』
『夫の不倫は私が優しくなかったからだと思います』

という思いが出ます

しかし、その中ではどうしても自分ができる事は夫の内輪の範囲です
なぜなら、不思議と不信感という思いではそれを消したいだけの思いです
それを消してくれるのは夫という考えですから、夫をどうにかできないかという
思いで
カウンセリングに来るのです

その相談者の不思議や不信感も大事ですが、そこからブス女を登場させる事で
その上の
憎いという感覚を引き出すのです
相談者はその憎いという感覚は正直持ちたくないという思いです

しかし、よく考えてみれば夫とブス女のやっている事は多くの人に迷惑をかけて
いるのです

その中には子供も大きな不安を抱えているわけです
そこにただ

‘不倫をやめてくれればいい‘

という思いだけでは、このバカな二人は全然応えません
受けた苦痛は自分だけではないと思えば、相談者も否が応でも憎さや怒りが出て
きます

それは、一度火が点けば出したくなかった感情ではなく

‘出さなければいけない感情‘
‘止められない感情‘

です
そうなると、不思議や不信感で留まっていてはいけないと気付くのです
そこから自分の行動は怒りや憎しみを軸に出るのです
それを出し切った後で、夫婦をどうするかを考えるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら