相手の女性も被害者なのではというブス女の美化は自虐の産物

不倫ブス女の美化をやめる

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者には夫の不倫は
どういう状態として映っているのか

『夫は相手の女の人に勝手に入れ込んでいる』
『相手の女性も迷惑しているのではないか』
『こんな中年のおじさん、モテないから相手も嫌がっているはず』

と、夫の方が一人のぼせているのではという感覚を持っています

それを聞くと私から見る相談者の現状は

`ブス女という勇気がない`

わけです

つまり、夫一人を悪者にして、ブス女はむしろ被害者という位置付けにしているのです
その深層心理には

『私は相手の女に負けている』

という思いです

それを被害者に仕立てて夫一人の責任にした方が自分が傷つかないで済むからです
そこから生まれるのは、

‘ブス女の美化`

でしかありません

ブス女は紛れもなく不倫の共犯者です
それを心のどこかで

『相手の女性に負けている、絶対に負ける』

というネガな心理が夫一人に不倫をやめるように働きかける自分を作っています
それをブス女に見抜かれるのです

『奥さんは私にビビっている』
『私が強く出てもどうせ何もできない』
『何かあっても彼が守ってくれる』

と、自分を上に見ている妻の心理を読んでますますつけ上がっているのです

その状態を相談者自身では打ち破る事が難しいのです
なぜなら、夫を見ていると

『あの人があんなに入れ込んでいるんだからきっといい女なんだ』

と、そもそも夫が見る目がある男という大きな勘違いからくるブス女の美化を続けている
のです
その自分の勘違いはいろいろな原因で起こっていますが、一番は

‘自分に自信がない‘

という事です

そこには、夫に水面下で不倫をされているという事実は、言い換えると自分に魅力がないと

いう思いがあるのです
もちろんそれは自分の事ですから、そう思う事は周りが否定する事ではない

しかし、必要以上に自分を下げているという実態は多くの相談者に見受けられる現象です
その卑下する自分をブス女に見抜かれている事をカウンセリングで説明すると

『そうですよね、私は人生かけて妻になっているプライドを持たなければいけないですよね』
『ブス女って書いてあってすっきりしていました、これ位の気もtが必要ですよね』
『自分に自分が負けていて、ブス女に舐められている何て絶対に許せない』

という気持ちが出てきます
そこから、自分のプライドを回復させる行動がスタートするのです
ブス女に負けている事が自分の人生を狂わせている事に気付けば、すべきは夫にすがる事
ではなく、ブス女を叩く事と明確になるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら