ブス女の意図的な`加害者夫被害者私`を見破ると夫の言動に合点がいく

不倫ブス女の策略

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとって夫は何を
考えているのかよくわからない対象になっています
そこにあるのは、疑問と言うより意味不明という方が合っている心境です

『不倫して本人は気持ちいいかもしれないけど、家族はどうするの』
『不倫をしてこの後何をするつもりなの』
『不倫すると周りにどう思われるのかわかっているの』

という、自分の好き勝手しかない夫が不思議でしかないのです
その夫の状態は、家族の長の姿はなくただのならず者のようなものです
その夫を見て

『こんな人だったの、私は全然見抜けなかった』

と思うのは当然です
しかし、そう思っても見抜ける人は実際はそうはいません
なぜなら夫自身も

『俺が不倫をするなんて』

と思っているからです

心のどこかに不倫願望があったとしても、いざ実際にできるかと言えば勇気のいる事
でもあります
どこかスリルを求めるのは頭の中ではいくらでも思い浮かびますが、やはりリスクを
伴うのはわかっている

では、なぜ実行に移しているのか
それは、不倫が

‘ブス女との共犯‘

だからです
自分一人で犯す事はなかなか難しいですが、ブス女が一緒という後ろ盾を持っている
から

『女が勇気を出しているのに、俺が尻込みしてどうする』

と、バカな男気を出すのです

その共犯の心理こそが、夫自身まさかと思っている事を現実に突き進ませているのです

そこにあるのは、家族や夫婦という安定、安心、安全の場とは真逆の反社会的関係です

それをブス女を一人にさせるわけにはいかないという、自分が加害者意識を持たされて
しまっている夫がいるのです
逆に言えばブス女が自分は不倫に引きずり込まれた被害者面を夫にしている

その共犯の中に加害者と被害者の関係がある事で、妻には全く想像できない夫が出現
しているのです
その構図をカウンセリングで知ってもらう事で

『だから見抜けないのも当たり前』
『こんな関係なら夫も私にわけのわからない態度を出すのは不思議ではない』

と、合点がいくのです

そのバカ二人の構図を知ってもらえば、自分が妻として自信を無くす必要なんてないと

心の底から思うのです
むしろ、その弱くて力の出しどころを間違っている夫に対して

『本当にこの情けない夫を私が正さなければいけない』

と、使命感に燃えると同時に

『このバカなブス女を絶対に許さない』

と、その共犯者の片割れに視線が向くのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら