夫とブス女を別れさせかった自分を笑うほど変わるのが私の相談者

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私が相談者に伝える中で
これだけはどの方にもお伝えしているという事があります
相談者は

『夫の不倫をどうにかしたい』
『また夫婦を修復したい、元に戻りたい』
『この二人を別れさせたい、とにかくやめさせたい』

という一念でカウンセリングを受けに来ます
そのきもちはよくわかりますし、私もできるならそれを実現したいのは当然です
しかし、よく考えてみるとそれをできる人はこの世の中にいません

なぜならこのバカ二人を24時間監視はできないのです
しかも小ズルくて情けない大人二人ですから、妻がいくら注視してもいつどうなるかは
わからないわけです

という事は、二人を別れさせたい、夫の気持ちを取り戻したいと言っている自分の思い
は、不可能を言っているようなものなのです
では、何もできないのかと言えばそれも違います

私からすると、正しい相談者がつまらない事に執着していてはいけないという事です
それは夫とブス女がどうなっていようが、相談者がすべきは

‘ダメなものはダメ‘

を行動にする事です
ブス女を叩く、夫をいさめる、このバカ二人の愚行を世の中に知らしめるという行動を
続けるという事です
それはバカ二人を別れさせるという事ではない

しかし、これを続ける事でこのバカ二人は世の中から孤立するのです
そこに底知れぬプレッシャーがかかって、花畑にいて現実逃避していた事を認めざるを
得なくなるのです
そこから結果的に不倫を続ける事に恐さが出てきて、別れるというパターンです

もちろんそれを狙ってやるわけではありません
やるのは、自分が社会に身を置く一人として、犯罪を見過ごさないという一心です
その先には、あれだけ夫に執着していた自分はどこにもいなくなる

『こんな小さい男だとは思いませんでした』
『何か夫の事はどうでもよくなりました』
『今更一緒に暮らすなんて考えられない、私は自分を大事にしたいです』

という言葉が出てくるのです
それはイコール離婚とは限らないのです
言うなれば、

‘夫の呪縛からの自分の解放‘

なのです

夫のアホささえも見抜けなかった自分は、夫への過剰な依存と執着が生んだ自分です
そこから自分が自分の意思で動いている状況を作ると、本当に夫のアホさが嫌でもわかる
のです

その自分を作ってもらう事を私は日々のカウンセリングで言い続けるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら