不倫されてもすがるのは正義感より夫へ執着する自分の甘さ弱さ

(本日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者とお会いしていますと
よく感じる事があります
それは、

‘夫への執着に苦しんでいる‘

という事です
そもそも、結婚する前は対等の立場と言いますか、どちらかと言えば妻の方が強いという
ケースも珍しくありません
その証拠に結婚する時も

『結婚してくれなければオレは一生誰とも結婚しない』
『お前と一緒になれなければ死んでやる』
『頼むから結婚してくれ』
『もうオマエしかいない、結婚相手はオマエだけだ』

と言うように、懇願されている方も少なくないはずです

しかし、結婚した途端にその対等以上の関係は徐々に崩れていきます
もちろん、最初は妻の方が主導権を握っていても子供ができて夫への関心が薄れたり
子供がいなくても仕事が忙しくなると、どうしても夫とは同じような会話の繰り返し
になってしまいがちです

その中では、夫はいつの間にか夫婦というよりも同士とか友人のような関係になって
いるという言葉をよく耳にします
それはそれである意味仕方がない事です

しかし、夫の不倫はそれを言い訳にしている所に問題があります
夫は夫で

『もうオマエを女として見れなくなった』

と言い、妻は妻で

『夫に関心が薄くなっていた』

と言い、お互いに不倫の原因が夜の関係に集中させているのです
不倫には夫婦の夜の関係が無いとは言いません
しかし、それを中心に据えて悪事を正当化していたり、それに反論できない事に問題
があるのです

その中では、どうしても夫の言い分に負けてしまい、自分が不倫を引き起こした原因を
作った側になっています
なぜそうなってしまうのかと言えば、夫への執着が自分の中で無意識にあるからです

『別に執着しているつもりはないですが』

と思う方もいるはずです
しかし、現実には相談者である妻は結婚を安定の好むと言う以上に変化を拒むという
心理状態にあります
一度作ったものを壊したくないとか、形を変えたくないという本能です

その気持ちはわかりますが、そうは言っても世の中のものは壊れたり変化するわけです
それは人間の気持ちも同じです
夫のみならず、自分の気持ちも知らず知らずのうちに変わっています

それを夫だけは変わらないでいて欲しいという執着が心のどこかにあるのです
夫も弱い人間の一人で、外でアホな女でも深い関係に陥るのです
そこに自分が執着を捨てて、夫には強く毅然とする態度が必要なのです

自分の中にある結婚前の対等以上の自分は、夫への執着よりも自分の強さが勝っていた
からです
そこにしっかりと戻す意識を持てば、必ず夫の不倫には自分の気持ち次第という信念が
生まれるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら