不倫を認めない夫をみっともない潔くない男と言い切れているか

みっともない夫

公開日 2019年1月24日 最終更新日 2021年2月13日

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっての夫婦と
夫にとっての夫婦はどう違うのか
相談者からしてみると、不倫が起こる前までは大きな違いはないというかそういう発想
すらなかったわけです

しかし、いざ不倫が起こるとその差というかあまりにも異質な現実に大きなショックを
受けるわけです
そういう相談者にはどういう思考がいるのか

『俺とお前は元々合わなかったんだよ』
『俺はお前とは結婚すべきではなかった』
『なんで結婚してしまったんだろう』

という言葉に

『私が悪いからこの人は幸せになれない』
『私のせいだ、この人が苦しむのは』
『夫婦にならなかったら良かったのかも』

というように、とにかく自分と夫の夫婦に対する考えに大きな溝があるという思いが
自分を苦しめるのです
しかし、そういう相談者に私がお話しするのは

`夫婦の価値観の相違`

でも何でもなく

`倫理観の有無`

という事です

夫は自分とブス女の悪事を、妻が至らないという夫婦間の問題にすり替えてにぶつける
事をよくよくわかっているのです
相談者である妻が見誤っているのは夫が

`優しい`
`真面目`
`家族思い`

という人物ではなかったという事ではなく

`潔くない`

と思っていない事です

相談者にとって夫は自分に結婚を申し込んでいる男ですから、ある意味自分の気持ちを
素直にさらけ出している潔く映る男です
それは夫自身も結婚したいという願いを果たすためのアクションですから、誰でも潔く
映るわけです

しかし、不倫を認めないというのは男として本当に情けない限りの姿をさらけ出して
いるとしか言いようがない
それを相談者である妻が

『あなたはそんな人ではない』
『こんな事をするなんてあり得ない』

と、夫自身の願いを実現するために必死に結婚を申し込んだ時の姿とダブらせている
のです
誰がどう見ても

『往生際が悪いんだよ』
『恥を知れ恥を』

と映る夫に一番の怒りをぶつける権利と義務があるのが妻なのです

それを行動にするかどうかは自分の意思一つです
カウンセリングでは、その相談者の背中を押す場面が毎日のように出てきます
そして、そこから意を決して行動すると

『本当に情けない男、こんなにみっともないとは思わなかった』
『潔く謝れないのは弱い証拠、私はもう騙されない』

という言葉が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら