不倫ブス女を〔いい女かも〕ではなく【どれだけブスか見てやる】を選ぶ

不倫にブス女を見てやる決意

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の夫はどうして
不倫に走ったのか

 

しかも、多くの相談者が探偵の調査報告書を見て

 

  • 『嘘でしょう、こんなひどいブスが相手なの!?』
  • 『私よりも10歳も年上、どんだけババア好きなの』
  • 『こんなにデブでちんちくりん、あり得ない』

 

という女が出てきます

 

不倫ブス女のブスっぷりを見るところから

 

 

その女の姿かたちを見て、自分がいかに見えない敵に悩まされていたのかを知る
のです

 

  • 『こんなブスなら早く知るべきだった』
  • 『何で私はもっと早く確認しなかったのだろう』
  • 『夫の好みを疑う、あり得ない』
  • 『あの人のタイプと全然違う』

 

 

という感覚が出ます

その中では、夫がどれほど美化しても

 

‘これはないわ‘

 

というブス女の姿に、呆れるやら情けないやらという思いになるのです

 

しかし、それは同時にブス女に抱いていた

 

‘私よりいい女だろうイメージ‘

 

が根底から崩れる事を意味します

 

不倫ブス女を美化していたから自滅していた

 

 

それが相談者にとって非常に大きなパワーをもたらすのです

 

そこにあるのは、勝手にブス女をいい女ではないかと想像して自滅していた自分
復活です

 

そこから自分に自信も戻れば、舐められていた自分に喝を入れるのです

 

私がカウンセリングで感じるのは、女同士は男が想像する以上に意識するという
です

 

相談者も結局ブス女を確認するのが怖かったり、不安に思うわけです

 

それもこれも、現実を見ないで美化したりいい女ではという妄想です

 

ブス女をさげすむ戦いが必要

 

 

その女同士の見えない戦いを、

 

‘見える化‘

 

の背中を押すのがカウンセリングでもあります

 

  • 『現実を知らないでいいはずがない、必ずこんなブスだったのかと思いますよ』
  • 『不倫しているブス女にいい女がいるわけない、よく考えればわかる事です』
  • 『ブス女と書くのは本当にブスだからです、それを多くの相談者が経験します』

 

という事を強く言うのです

 

本当に言われた通りのブスでした

 

 

そこから、相談者は勇気を持ってブス女の実態を知ると

 

『本当に言われた通りのブスでした』

 

と、バカらしくもふざけた現実を知るのです

 

そこから自分の気持ちを強く持った戦いに臨めるのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら