不倫は上司ブス女の絶対命令を受けた部下夫が妻に悪態をつく構図

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫の不倫で妻である相談者が
苦悩に陥るという理不尽が発生するわけです
その理不尽とは何か
それはどこから来るのか

‘夫とブス女の責任の放置‘

なのです
不倫している夫からは

『俺はもう無理、お前とは無理だから』
『何を言ってもだめだ、もう決めた事だ』
『俺を楽にさせてくれ、早く楽にさせてくれ』
『お前は俺をわかっていない、何をしてきたかわかっているか』

というような言葉が並ぶのです
その中で自分は被害者で妻が加害者という構図を勝手に作っていけしゃあしゃあと言うのです
そこには家長とか夫の責任を丸投げしている姿をさらしているのです
言い方を変えると、そこに自分の責任を放置できる心理があるのです

なぜか
それはブス女が夫の良心の呵責とか倫理観を薄める言動を水面下でしているからです

『あなたはもう奥さんに十分やってあげているからいいじゃない』
『奥さんはあなたの事をわかっていないのよ』
『こんなに頑張っているあなたを大事にしていないのよ』

というように、自分と夫の不倫を正当化するために妻に全ての責任を負わせるという図々しさ
この上ないブス女の心理があるのです
つまり夫はブス女の後ろ盾がなければ、これだけ悪態をつくことはないのです

夫は会社の理不尽な方針で上司からの業務命令で

『お前も会社の一員だ、絶対にお客の前でもこう言うんだぞ』

と言われて、

『はい、わかりました』

と、とにかく黒いものでも白いと言っているようなものです
それは会社という組織を優先して、お客を後回しにしているような理屈と変わらないわけで
ブス女との二人の関係を優先して、家族や夫婦を平気で後回しにしているのです

ここでポイントは上司が誰で部下は誰かという事です
それは、言わずと知れた上司ブス女、部下夫なのです
ブス女が言う事を夫は命令として受けているのです

そこに妻である相談者がイメージがわいていない
それをカウンセリングでしっかりと理解してもらうのです

『夫はブス女の言いなりだから、あなたの事を敵対する発言をしているのです』

という事を口酸っぱくなるほど言います
その中で、

『夫はブス女にいい顔しているんですね』
『ブス女にへいこらしているなんて情けない』

と、夫の無責任さとブス女の嫉妬を両方はっきりと捉える自分になるのです
そこから、ただただ待っているだけでは意味がないという事を決意するのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら