弁護士が不倫をやめさせる事ができるわけではなく慰謝料だけの専門家

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

(本日上記動画更新を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、よく弁護士に相談に
行った相談者がどういう説明を受ける事になるのか
それはまず

『夫の不倫で大変ですね、慰謝料請求も視野に入れていくべきですが、ところで
離婚はどう考えていますか』
『ひどい旦那さんだね、こう言っちゃなんだけど、離婚して次の人生を考えたら』
『この夫と夫婦を続けても修復は難しいですね、離婚も考えるべき』

と、難しい顔をしながら説明をしだします
多くの相談者は離婚は考えていないのですが、何だか離婚をしない方がおかしいと
いうような話に、失望感を覚えてしまいます

そもそも弁護士が離婚を言うのはワケがあります
それは慰謝料の金額が変わってくるという表向きの説明ですが、本音は

‘自分の成功報酬が増える‘

という事です
つまり慰謝料の金額が増えれば、その18%とか20%とかの報酬が弁護士に入ります
弁護士は着手金とその報酬で飯を食っています
その報酬金額が変わってくる事に頭があるのです

それを相談者には、慰謝料の金額が変わってくるという説明に置きかえるのです
しかし、そもそも離婚するしないでどれだけ慰謝料の金額が違うのか
しないケースでせいぜい100万円前後で、離婚するケースでせいぜい200~300万円
位ですから、その差は大した事はない

むしろ、お金の事を言えば離婚しない方が長い年月生活費を入れさせる事になります
から、結果的に払わせる金額は多くなります
しかし、弁護士にとってみればそんな事は関係ないのです

士が依頼者の案件で手にする報酬の対象は、生活費ではなく慰謝料です
さも慰謝料の金額が離婚するしないで、大きく変わるというイメージで話すのです
しかし相談者が望んでいるのは、お金が一番ではないのです

どうすればこの夫の不倫という苦しい状況から抜けられるのかという事です
要はその答えを弁護士が持っていないのです
弁護士は受けた苦しみの代償をお金にする事を代理するだけです

その弁護士に

『どうすればこの不倫をやめさせる事ができるのか』

と持ち掛けても、いろいろな事を言いながらお金を取るという事に終始するのです
それを理解しないまま、弁護士に行くから失意を味わうのです
それよりも、自分の納得を作る作戦を立てる事が先です

その作戦を立てるのが木村泰之の役目です
弁護士はあくまでもお金を取るという目的が定まったら、行くべき専門家なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら