不倫脳夫の上司はブス女という構図を理解すれば戦う信念が生まれる

(本日上記動画を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私とお話しをする前に
相談者は自分で様々な事を考えているわけです
その考えている事は、どこかで自分を卑下したり夫にすがっている自分です

そこには自分が夫に支配されている現実があります
夫婦という関係から考えると支配されるなんて事はあり得ないわけですが、現実は
その構図があります

夫の言う事を聞いているというか、鵜呑みにしている自分がいる事を否定できない

『お前は何もできないだろうが』
『誰が食わせてやっていると思っているんだ』
『俺に口答えするつもりか』

というような言葉に、何も言い返せないわけです

しかし、私から言わせるとその夫はブス女に支配されているのです

『奥さんにはもう何も言わせないで、あなたは頑張っているんだから』
『私の方が奥さんよりもあなたを大事にしてあげている』
『奥さんは貴男方の事を何もわかっていないのよ、それは私にはよくわかっている』

と、sexと自分が一番思っている言葉の両方を使っているのです

そのブス女に夫は

『俺の事をこんなにわかってくれている女がいる、俺は何をやっていたんだ』
『俺を事に思ってくれる女は妻じゃない』
『俺は妻には強く出ていいんだ』

というようなアホな思い上がりを持つのです

それは自分が支配されている事なんてつゆとも知らず、一生懸命ブス女の言う事を
聞いている自分がいるのです
簡単に言えば夫は自分の承認欲求をブス女に満たしてもらっているのです

会社の上司よりも、妻よりも自分を認めてもらっているような感覚です
その体と言葉でアメとムチを使いわけているブス女を叩かなければ何も変わらない
会社の上司が変われば、すぐに部下の態度が変わるのと同じです

夫の上司のブス女を、本来の上司である妻がしっかりと叩く事で初めて夫が

『俺の上司がいなくなった、俺はどうすればいいのか』

という、妻を舐めるような態度を取れなくなるのです

そこに勇気を持って切り込むためのカウンセリングなのです
相談者が最初は

『ブス女を叩くなんてできない』

と考えていた思考から

『このふざけた支配関係を壊す』

という信念を持つのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら