離婚はするかもしれないししないかもしれない人生の大事な権利

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の妻にとっては
離婚という言葉が非常に敏感になっています

『俺とお前はもう無理だから、一緒にいても意味がない』
『何で離婚しないんだ、しない意味が分からない』
『もともと合わなかった、お前も新しい道を進む方がいいだろう』

という夫の言葉が出てくるわけですから、嫌がおうにも夫婦の危機を感じます
その先に

‘離婚させられる不安‘

という思いが次々に押し寄せてくるのです

しかし、そこから出てくる恐怖感をぬぐうために

『離婚は避けたいです』
『絶対に離婚したくないです』
『離婚はとにかく考えていません』

という言葉が出てきます
その中では、人生で離婚はあり得ない事でありしてはいけない事という思いです

それはよくわかりますし、離婚前提で結婚している人はいないわけです
しかし、いざ夫からいろいろと言われ始めると強迫観念にとらわれてしまいます
そして、自分ができる事は

‘離婚回避の言動‘

に終始してしまうのです
そこには、自分の中で離婚が人生の終わりくらいの感覚になっているのです
その感覚を改めるのがカウンセリングの一つでもあります
私が相談者にお話しする中で

『もし離婚できない婚姻制度であればどう思いますか』

という質問をします
相談者は少し考えて

『もし夫が変な人とわかったら離婚できないのは怖いです』
『離婚できないという事であれば、もしかしたら結婚していないかもしれません』

という言葉が出てきます
という事は離婚自体は相談者の大事な権利なのです
それを避けたい事とか、あり得ない事にしている自分をやめてもらうのです

そもそも夫とブス女の愚行で自分の人生をいびつに苦しいものにされているのです
その人生をまず好転させる事が先決です
そのための行動をするだけです

その後に離婚はするかもしれないししないかもしれないという事だけです
それ以上でもそれ以下でもないのです
しっかりと自分のプライドを回復させると、離婚を自分の大事な権利の行使と捉える
思考が出てくるのです

離婚をどう捉えるかは人生の大きな思考の転換なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら