有責配偶者の夫に離婚されてしまう被害妄想を生む自らの平和ボケ

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、多くの問題が世の中で
日々発生していますが、その中でそもそも不倫というものはどういいものなのか
言い換えると、妻の立場ではどう悩むべき事なのか

多くの相談者は

‘夫婦の危機‘

という捉え方です

『もしこれで離婚になってしまったらどうしよう』
『私は絶対に離婚したくない』
『夫に戻ってきてもらいたい』

という、自分の夫婦としての関係性の維持が一番の優先順位です
相談者がネットサーフィンや弁護士に行くとわかりますが、その不倫をしている夫は

‘有責配偶者‘

という立場になって、自分から離婚する権利ははく奪されます

考えてみれば当然の事で、悪い事をしている人間には平等に与えられている権利が
なくなるのです
という事は、夫婦の関係を解消する権利は妻しか持っていないという事になります

その中では、自分がどっしり構えていればいいのですがそれができないで右往左往
してしまうのです
なぜできないのかと言えば、

‘世の中の理屈‘

をわかっていないからです
夫が不倫という悪い事をしているという時に、世の中は

『この男にもっと妻がバシッといわなければいけない』

という感覚があります
決して

『奥さん離婚されないように頑張れ』

ではないのです
なぜなら、離婚する権利は夫にあるはずがないというのは常識だからです
その中で、自分がそうなっていないのは

『私が至らない妻だから離婚されてしまう』

という勝手に持っている被害妄想からです

その自分が自分の首を絞めている状態から、抜けなければいけないのです
多くの相談者が考えている離婚を恐れる状況は、はっきり言って平和ボケの自分が
生み出しているのです

そうではなく、自分の方から離婚をたたきつけるべき状況なのです
もちろん、そのタイミングは自分の一番いい時にすればいいのです
それまでは、夫とブス女のふざけた悪事に離婚を恐れるあまり何もできないという
自分をやめるのです

それを決意してもらうのがカウンセリングです

『私は本当に世の中の事をわかっていませんでした』

という言葉が出たら、その時こそ離婚を恐れている自分はいないのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら