不倫ブス女に負けていると直視できない弱さが自分の首を絞める

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

(本日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私が相談者にお話し
する中で、ほぼほぼ100%驚かれることがあります
それは

‘ブス女親分で夫が子分‘

という不倫の構図です
それは相談者が全く頭にない現実です
それもこれも、夫への異常なまでの崇拝があるからです

夫は不倫ブス女には本当に馬鹿じゃないかというほど、従順にしているのです
しかし、相談者はそれまで過剰に夫に対して言いなりになっているので

‘強い夫‘

としか見ていません
その夫が不倫していると知れば、夫主導で関係が進んでいると思い込んでいる
それが大きな大きな勘違いなのです
どの相談者も

『夫が強く引っ張っていて、相手の女はひょっとして迷惑しているかも』
『夫がやめようとすれば終わる話なのに、夫だけがやめようとしない』

と、お気楽な事を言うのです
現実は

『ごめん、俺が悪かったからまた会ってくれ』
『俺がなかなか離婚できないから心配かもしれないけど、もう少し待ってくれ』
『早く一緒になりたい、俺はもうお前しかいない』

と、妻が信じ切っていた強い夫はどこにもいないのです
それを知りたくないのです
しかし、私の相談者に笑顔が戻るのは

‘情けない夫‘

を知るからです
それを知るにはブス女の実態を知る事が唯一の方法です

『ブス女には負けているかも』
『私はブス女には勝てないから、もうあきらめよう』

という心理が働いているのです
その心理がアホな夫だけに目を向けて

『あなた帰ってきて、私が悪かった』

という情けない自分を生んでいるのです
それをカウンセリングで強く指摘します

ブス女を直視しないで夫を変えようとしているのは、ハッキリ言って自分に自信が
ないからです』
『女は女に厳しいはずです、悪いブス女に何もできない事が負けているのです』
『ブス女を視界に入れたくない弱さが、自分をダメにしているのですよ』

と、相談者が思っている事や想像していない事を言うのです
そこから

『私は弱い自分でしたけど、ブス女には負けません』
『夫だけを見ているのは、ブス女に負けていると思っていた弱さです』

と、本音を吐露するのです
そこから、ブス女に絶対に納得する行動を重ねるスタートが始まるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら