不倫(浮気) がバレても別れない夫の心理と妻としての対処法とは

浮気バレても別れない夫

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃夫の不倫に悩む相談者にとって、ある日突然おかしくなった夫を見て、どうして
そうなったのか知りたい、どうにかしたいという気持ちに駆られるのは当然です

 

そこから、ある時ふと

 

『もしかして不倫しているのかも』
『女、女がいるのかも』
『絶対に怪しい、ひょっとして浮気かも』

 

という思いが出てきます

 

そこからいろいろと調べていくと、

 

『やっぱり私のカンが当たった、不倫していた』
『まさか、部下の女と浮気していたなんて』
『こんな事になっているなんて、信じたくない』

 

という現実を突きつけられます

 

そこから、相手のブス女の素性もわかってきますと

 

『こんな事をやっていて、どうするつもりなのか』
『いつからこんな事になっているのか』
『どうしたら別れるのだろうか』

 

という思いが募ります

 

その中で、このままではいけないと意を決して夫に

 

『もしかして浮気していない、分かっているんだけど』
『正直に言ってほしい、私知っている』
『なんでこんな事するの、今すぐに別れて』

 

と、詰めるケースも出てきます

 

妻にバレた夫は

 

『申し訳ない、ついでき心で』
『ちょっと相談に乗っているうちに、どうしても断り切れなくて』
『すまない、すぐに別れるから』

 

と、その時には妻にはバレていないと持っていたところに、いきなり突きつけられて
慌てて言い訳や、謝罪をします

 

では、それでブス女と別れるのかと言えば多くのケースでそうはなっていない現実が
数多くあります

 

その場では別れると言っても、少し時間が経過すると

 

『まだ連絡取っていた、騙された』
『別れると言ったのに、全然話が違うじゃない』
『やっぱり続いていた、嫌な予感がしていた』

 

というように、結局二度騙されてしまうという事になりがちです

 

 

不倫(浮気)がバレてもブス女と別れない夫の心理

 

 

このように、不倫がバレても別れないというのは妻にとってみれば理解しがたい事
ですし、何よりも裏切られ感が半端ないわけです

 

そうなると、

 

『夫はどういうつもりで別れないのだろうか』

 

という、今度は夫の心理に理解が及ばない事で苦しみが増えてきます

 

そういう時の夫は、何を考えているのか

 

不倫ブス女に申し訳ないという心理

 

そもそも不倫というものは、夫とブス女がアホさバカさは対等の関係です

 

世の中的に言えば、

 

『どっちもどっち、夫も悪ければ女も悪いじゃない』

 

というのが不倫です

 

だからこそ

 

‘共同不法行為‘

 

という、法律用語で定義されている悪事です

 

共同という事は、夫もブス女も共犯者という意味です

 

しかし、それはあくまでも罰する立場に立った側の定義です

 

これが不倫当事者になると、全く変わってきます

 

要は、不倫ブス女は夫をコントロールしているのです

 

時には泣きも入れたり、怒りをぶつけたりして

 

『私はあなたに人生を狂わされた』
『こんな事になって、私は彼とも別れて付き合っているのに』
『あなたは何も失っていない、戻る家庭もあるじゃない』

 

という、いわばブス女が

 

‘被害者面‘

 

をするのです

 

そうなると、夫は加害者意識を持たされているという事になります

 

『俺が誘ったから、人生を狂わせてしまった』
『こんな事になって、もう彼女は一生苦しむかも』
『今頃何をしていのだろう、寂しい思いをしていないか』

 

というように、不倫ブス女に対して

 

‘申し訳ない‘

 

という思いで頭がいっぱいになっています

 

家族には常に言い訳を考える心理

 

 

その一方で、家族や妻にはどういう心理があるのか

 

そもそも不倫をしている事は、自分が悪いという思いです

 

妻に詰められた時にも

 

『俺が悪かった、家族も彼女にも迷惑をかけてしまった』
『やはり悪い事は出来ない、これから真面目になろう』
『バカな事をしていた、もうやめよう』

 

と、一旦は反省の気持ちが頭の中を過りますし、実際に不倫から足を洗おうという
行動もします

 

しかし、すぐにブス女とのやり取りが再開すると

 

『俺一人が悪いわけじゃない、妻にも落ち度はある』
『俺は家族のために一生懸命働いてきた、不倫くらい誰でもやっている』
『俺にも言い分がある、俺だって辛い思いをしてきた』

 

というように、反省の気持ちはどこかに吹き飛んで、言い訳を作るのです

 

自分がどうなってもいいという心理

 

不倫が始まりますと、夫は夫で心の中で大きな不安を持っています

 

『まさか俺がこんな事をするなんて』

 

という思いです

 

しかし、結局ブス女との密会での快楽が、その罪悪感を消しています

 

そこから、徐々に気が大きくなっていきます

 

そういう所に、妻に見つかると

 

『俺はそもそもこういう男、もう今更真人間にはなれない』
『もうどうなってもいい、いまさら妻にとがめられても俺はこんな奴だ』
『どうせ謝っても許してくれないだろう、俺はダメな奴』

 

というように、

 

‘自暴自棄‘

 

の心理に陥るケースも少なくありません

 

 

夫が不倫ブス女と別れないワケ

 

 

不倫がバレた後の夫の心理を説明しましたが、そうは言ってもリスクの高い不倫です

 

夫はなぜブス女と別れないのかという、妻の頭の中では疑問は常に出てきます

 

そのワケについて、解説していきます

 

とにかく見つからなければいい

 

妻に不倫がバレても、結局別れないという夫の心理には、そのリスクが大きいから
やめるというよりも、そのリスクをどうにかできるという安易な方向に考えます

 

なぜなら、ブス女と別れると申し訳ないと思ったり、引き離されようとするような
感覚になって

 

『そうだ、見つからなければいいんだ』
『うまくやればいいんだ』
『見つかっても、その時はその時』

 

と、キッパリとやめる事よりも、ズルズルと水面下で続けることを選択するのです

 

それもこれも

 

‘見つからなければいい‘

 

という、まさに世の中のニュースでよく出てくる犯罪者の心理と同じです

 

頭とは別に体がうずいている

 

夫はブス女との不倫をやめない理由としては、一度覚えてしまった快楽に体が言う事を
効かないという事があります

 

それはブス女も同じです

 

頭では悪い事をしているとわかっていますが、いざ禁欲を続けているとすぐに

 

‘またやりたい‘

 

と、体が反応しているのです

 

しかも、簡単に言えば風俗と違って

 

‘タダ‘

 

でやっているわけですから、かなり軽く考えて性欲の処理をしているのです

 

その、いつでもどこでも手軽にというような、

 

‘コンビニ感覚‘

 

が体に染みついているのです

 

不倫ブス女の執念が強い

 

そして、そもそもこの不倫というものは、ブス女の執念が半端ないと事が挙げられます

 

夫の中には、妻に詰められて

 

『もう俺はやめたい、もうこれ以上続けたくない』

 

と、本当にやめようとするケースもあります

 

しかし、そういう夫をブス女が

 

『何をいまさら言っているの、私はどうすればいいのよ』
『あそう、なら会社に今までの事をぶちまけてやる』
『あなたがそんな事を言うなら、死んでやる』

 

というように、この不倫が終わったら自分の人生は終わってしまうというような
正気の沙汰ではない態度を出します

 

それ位、ブス女は頭ではなく

 

‘子宮で考える‘

 

生き物なのです

 

 

不倫(浮気)が発覚した時にすべき事

 

 

では、こういう夫の不倫に、妻としてはどういう行動に出るべきなのか

 

もちろん、夫に別れるように言っても、正直それが実現する可能性が低いわけです

 

そこに、ただ待っていても本当に時間とエネルギーの無駄になってしまいます

 

どうせ言っても、そうそう別れないだろうという事も想定しておく事も必要です

 

不貞証拠をできる限り確保する

 

やはり、別れさせたとしても、妻としてはいつも不安が付きまといます

 

そこになにもしなければ、夫の態度や言葉を信用するしかありません

 

そういう待ちの姿勢から、できる限り夫の動きを捉える事が大事です

 

もちろん、一回詰めた後ですと、夫も警戒しているのは仕方ありません

 

しかし、何もしないよりは全然ましなのです

1.夫の持ち物は常にチェックする

 

夫の財布、カバン、スマホ等からの情報はできる限りチェックすべきです

 

こういう時には、夫もまだ頭がすぐに働いていなかったり、妻に悪いという思いも
あって、少しガードが下がっている事もあります

 

すると、交通系ICカードの乗降履歴から、またブス女に会いに行っている形跡が
出てきたり、LINEではなく他のアプリでやり取りしているのを発見する事もあります

 

2.夫の動きを記録する

 

何かと、夫の動きが気にはなっていても、頭の中の記憶だけでは曖昧になってしまい
時系列に思い出せない事になります

 

そういう事も含めて、しっかりと日記やメモを付けるクセを付けておく事が大事です

 

帰宅時間や、何か

 

‘あれ?‘

 

と思った事などを、しっかりと記録しておくと、後々調べた事を見返すとつながる
事象が出てきます

 

また、人によっては、夫との会話をできる限りレコーダーに録音する事もあります

 

もちろん、夫には何も言わないで録るのです

 

普段の何気ない会話の中で、違和感を覚える事もありますので、習慣化する事も考えて
おくべきです

 

また、音声ファイルのバックアップをUSB等に録っておく事も忘れないでやるべきです

 

3.ブス女の素性も把握する

 

夫の事もさる事ながら、やはり相手のブス女の事をさらに知る必要があります

 

ブス女によっては、SNSで様々な事を発信しているケースも少なくありません

 

しかし、夫を詰めると途端にそれらのコンテンツを非公開や限定公開、削除にする事
が非常に多いのです

 

そうなる前に、できる限りブス女のSNSの情報を、写メに撮っておく事が大事です

 

結構無防備に、いろいろな情報をあげている事もありますので、そこから住んでいる
場所や家族の事等も把握できる可能性が出てきます

 

もちろん、普通に後悔しているのであれば、プライバシーの侵害には当たりません

 

また、そもそも不倫をしている加害者はブス女の方ですから、被害者の妻がブス女に
ついて知る事は当然の権利でもあります

 

 

不倫に対処する準備をする

 

 

夫に不倫をやめるように言っても、その場限りとか、開き直る事も多々あります

 

そして、そこから

 

『もう騙されない、絶対に許さない』

 

という気持ちになって、証拠も掴んだとします

 

そこからどうすればいいのか

 

それは、やはりこの舐めている二人に対して、しっかりと納得する行動が必要です

 

不倫という、周りの多くの人に迷惑や不安をかけている悪事を働いているのです

 

しかも、妻としてやめるように言った後でも、続けているようであれば

 

『それなりの覚悟があってやっているという事、私もそのつもりで戦う』

 

という思いになるのが当然です

 

1.不倫をやめないという事であきらめてはいけない

 

そのためにも、このバカ二人に対して、気持ちで負けてはいけません

 

よくあるのが

 

『ここまで言ってやめないのであれば、私が諦めた方がいいのかも』 

 

と、根負けするケースです

 

しかし、それではバカ二人の思う壺ですし、それを狙っているわけです

 

『これでも奥さん何か言ってくるのかしら』
『俺たちは、二人でいれば大丈夫』
『見つかっても何とかなる』

 

という開き直りです

 

そこに、妻一人で戦っても、気持ちも折れてしまうのです

 

そうならないように、カウンセリングの中で、気持ちを強く持って戦うアドバイス
をしているのです

 

『あなたの子供さんがこの事実をどう思いますか、母親が強くならなければ』
『ご両親やご兄弟も見守ってくれているでしょう、負けてはいけない』
『そもそも悪人の二人でス、まっとうな人生のあなたが弱ってはいけない』

 

というお話をすると、相談者の表情も変わってきます

 

 

2.相談者を世の中が味方している

 

また、カウンセリングの中では多くの相談者を交流してもらっています

 

その、相談者を紹介する事で

 

『私の事をこんなにわかってくれる人がいるなんて』
『私より大変な人がいる、それでも頑張っているんだから負けない』
『世の中が味方になってくれた気分、この二人が孤立しているんだ』

 

という、勇気と元気だけではなく、知恵や工夫を好感してもらっています

 

自分と同じ立場の人と直後話すと、本当に孤独だった自分から解放されるのです

 

不倫に具体的に対処する

 

そして、いろいろ準備が整った後には、いよいよこの不倫という悪事に対処する事に
なります

1.慰謝料請求をする

 

そこにまず頭に思い浮かぶのは、確保した証拠を元にした慰謝料請求をする事です

 

それは日本の法律で、被害者の妻に与えられている権利です

 

やはり、大人が悪い事をすると、ただの謝罪では終わらないのです

 

何でも損害賠償が発生します

 

つまり、お金です

 

ただ、慰謝料請求はあくまでも

 

‘過去の苦痛の代償‘

 

でしかありませんし、苦痛をお金というモノにむりくり変換するという事です

 

しかも、弁護士を使ってやると、正直

 

『本当に請求できるのはたったこれだけなの?』

 

という金額です

 

弁護士がよく口にする

 

‘相場‘

 

というモノで、決まるところがあります

 

離婚をしないでの弁護士の慰謝料請求の相場は、イメージ的に数十万~150万位です

 

正直、その不倫一つ一つで全く苦痛の度合いは違うわけですから、株式相場のような
概念で捉えている事が大きな違和感です

 

また、弁護士の着手金や成功報酬なども、取れる慰謝料からするとかなり高額です

 

大体、一般的に弁護士の着手金が15万~30万で成功報酬が取れた金額の18~20%位を
設定し、諸々の事務手数料で数万かかりますから、仮に100万取っても、半分くらいは
弁護士に払う事になります

 

また、弁護士との相性も大きなハードルになります

 

最初は、一緒に頑張りましょうと言っていても、着手金を払うと、途端に連絡が散れなく
なって、本当に事務的に進めるだけのケースが多いのです

 

一緒に頑張りましょうと言った言葉に、裏切られたという思いをもってカウンセリングに
来る方も少なくありません

 

そういう意味でも、私の相談者には弁護士を使わないで、自分の考える金額で自分自身
で請求をするようにお勧めします

 

何よりも、自分の言葉でしっかりと直接ブス女に対峙できる事が大きいのです

 

もちろん、その方法や準備などをカウンセリングの中で、しっかりとご説明して

 

『ブス女に私から直接請求する、その方が納得する』

 

という思いを持ってもらっているのです

 

 

2.慰謝料請求以外の対処

 

 

もちろんお金は大事ですが、それだけで妻の気持ちが晴れるものではありません

 

やはり、

 

『ブス女にもっと苦痛を与えなければ気が済まない』
『舐めている夫に、妻の怖さを与えなければいけない』
『夫婦の事はもっと私が主体的にならなければいけない』

 

というように、今までの妻ではダメという思いが出てきます

 

例えば、ブス女の親や職場にもこういう不倫の実態を知ってもらって、周りからも

 

『自分の子供として情けない』
『社会の人間としてダメ』

 

と、ブス女の身内や社会的な立場について、苦痛を与える事も必要になってきます

 

夫についても、子供にもこの実態を伝えて家族としてあり得ないという事を認識を
持ってらう事も少なくありません

 

夫にとって、子供の怒りや感情はこの上なくきついモノです

 

子供さんは、大好きな父親でも、倫理観や道徳観から、

 

『ダメなものはダメ、それが父親ならなおさら』

 

という思いが出てきます

 

カウンセリングの中では、そういう子供さんに伝えるタイミングや言葉についても
アドバイスを送っているのです

 

そして夫婦については、それまでの関係性から

 

『舐められない私を作る、夫に依存していてはいけない』

 

という思いを強くします

 

もちろん、離婚も一つの考えですが、それは離婚したいときにすればいいのです

 

まずは、自分が強くなって夫婦をどれだけコントロールできるかをやってみるのです

 

そのコントロールの仕方も、カウンセリングの中で具体的にアドバイスるのです

 

まとめ

 

このように、不倫(浮気)がバレても別れない夫は、正直珍しくありませんし、むしろ
別れる方が少ない事を説明しました

 

そこから、どういう対処をしていくべきなのかは、やはり先読みをしながら行動する
事が非常に重要です

 

やはり騙されている事で、悩みや苦しみが大きく出ます

 

そこに、いろいろ勇気を持ってブス女へ慰謝料請求する事も一つの権利です

 

しかし、それはあくまでも夫婦をどう考えて行くか、自分をどう立て直していくかの
手段でしかありません

 

そういう考え方や進め方を、カウンセリングの中でしっかりと理解してもらうと

 

『この苦しみが自分を強く成長させた』

 

という転機になります

 

カウンセリングの中で、不倫をただやめさせたいから、自分の成長の宿題に変える事で、
人生観が変わっていくのです

 

関連記事

不倫の仕返しの中でブス女が絶対に嫌がる事でかつ効果的な方法

 

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら