不倫夫とブス女に負ける事は実行犯2人+補助1人の3人組の犯行

不倫に弱ってはいけない

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私の相談者が起こす
行動というのは、どうしてもやるべき事とやってはいけない事が真逆になっている
ような状況です

『お前にはもう愛想が尽きた』
『俺はもうお前とは無理だから』
『早く俺と別れてくれ』
『何を言っても無駄だ、もうあきらめろ』

という夫のアホな言葉に対して、

『私が悪かった、もう一度チャンスをください』
『こんな事になったのは私のせい、ごめんなさい』
『あなたにもっと優しくしてあげていればよかった』
『なんてダメな奥さん、私が至らないばっかりに』

という自責の念を繰り返すのです
その中では、不倫という悪事は妻の責任という夫婦の中での暗黙の了解になって
いるわけです
その瞬間、夫とブス女はガッツポーズをしているのです

『奥さんが悪い、あなたをわかってあげていないんだから』
『あなたが大事にすべきは奥さんなんかじゃない』
『あなたの事をわかってあげているのは私』

という、ブス女の言葉に夫が

『俺は本当に人生を無駄にしてきてしまった』

位のアホな考えになっているのです

それもこれも、善悪の人間が入れ替わっているからです
そもそも、悪人は自分の悪を認めないのが相場です
言い逃れもすれば、逆ギレやシラを切るのは朝飯前です

それに対して、正しい人間が自分を悪人になっていては話にならないのです
夫とブス女の不倫に自分が悪人になっていては、

‘悪人三人の構図‘

になってしまうのです
そんなバカな話はないのです

自分がしなければいけないのは、この悪人二人を孤立させる事です
それをしなければ、不倫が堂々と継続する事になるのです
相談者が自ら悪人に自らの足で進んでしまっていては、世の中からこの二人だけ
でなく、相談者自身も白い目で見られてしまうのです

夫の不倫には絶対に自分が悪人になってはいけない、犯罪に加担してはいけない
という責務があるのです
それをカウンセリングで強く説明するのです

相談者が夫のアホさに負けているようでは、正直自分の人生を自分で捨てている
ようなものなのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら