ブス女は巧妙に不倫を強姦にすり替えて夫の親分になっている

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の中には
どうしても夫と対等の立場ではない自分がいます
不倫されているにもかかわらず、夫の方が偉そうにしているのです

それはなぜか

『お前にはもう関心はない、早く別れてくれ』
『俺とお前はもう終わっている』
『何で俺といつまでも一緒にいるんだ』
『こんな事を続けていても意味はない』
『早くしてくれ、俺には時間がない』
『お前も俺みたいなやつと一緒にいても嫌だろう』
『これだけ俺が嫌がっているのをわかっているだろう』

というような言葉で、とにかく相談者に詰め寄ります

その意識には

‘俺は被害者でお前が加害者‘

位の構図を勝手に作っているのです
しかし、それはブス女との不倫関係ではブス女が被害者面して夫が加害者に
されているというあおりを受けているのです

それは妻である相談者の目にはわからない所で起こっています
しかも、それもブス女の巧な戦術の中で夫は知らず知らずのうちに

‘子分になりさがっている‘

のです
なぜかと言えば、ブス女は不倫で自分が妻に責められないようにする事を
常に考えています

『私はイヤだと言ったのに、あなたが強引に』
『こんな事はやめましょうと私は何度も言ったのに』
『こんな事になってもし私の夫にバレたらどうするの』

と、まるで不倫が強姦のようになっているのです
それも夫が引けば追いかけて、押せば引くように距離を保っているのです
それもこれも、ブス女は自分の欲求不満が強くあるからです

ブス女からすれば、夫は自分の思い通りに動く便利なオトコです
それを夫は加害者意識を持たされた瞬間

『ごめん、俺が守るから』

と、不倫の当事者に守る守られるもないのにそういう構図になっている
わけです
それが一番不倫の中では世の中さえもよくわかっていない、諸悪の根源です
なぜなら、不倫で責められるのはオトコの方でブス女はどちらかと言えば
脇役です

しかし、そんなバカな事はないのです
私の相談者がブス女と戦って

『こんな女ならうちのバカな夫は赤子の手をひねるようなものです』

と、圧倒的にブス女が強いという事を言うのです
それこそが、この不倫は共犯は共犯でもしっかりと子分を操る親分との共犯
を証明しているのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら