離婚したくないと妄想でかつ実在しない修復をごっちゃにしない

(本日上記動画更新を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の中には
夫との修復を希望するという言葉を出す方は多いわけです
その裏返しは

‘離婚はしたくない‘

という意思表示です

そもそも木村泰之のところに来る方は、離婚を望んでいるはずがない
もし離婚をしないのであれば、有利な条件になるように弁護士とか裁判所に行く
のです
その相談者の心理はよくよくわかっているわけです

しかし、ここで一つ大きな問題があります
それは

‘離婚したくない=修復‘

という安易な発想をやめるという事です

そもそも離婚というのは、結婚と同じで行政上の手続きです
結婚が婚姻届けを役所に出すのと同じで、離婚は離婚届けという用紙を提出
するという事です
要は離婚というものは、あくまでも書類を提出する無機質な手続きです

それに対して修復というのはあくまでも

`相談者の概念‘

でしかない
相談者が1000人いれば、1000通りの修復のイメージがある

『昔のラブラブの二人に戻りたい』
『夫と私でもう一度ゼロから出発したい』
『土日は必ず二人で出かけて、いい時間を過したい』
『子供のための父親だけでいい』
『とにかく体裁のために家にいてくれたらいい』

というように、いろいろな状況を相談者は修復という言葉に都合よく込める
のです
離婚は1000人いても

‘役所に離婚届を提出する手続き‘

と定義は変わらない
しかし、修復なんて事はそもそも形がないのです
それを相談者が勝手にイメージして

『私は修復したいのです、どうすれば修復できますか』

と、自分のイメージを実現したいという事を訴えるのです
しかもその相談者の言う修復の登場人物は、

`自分と夫‘

という二人です

しかし、離婚は有責配偶者の夫には選ぶ権利はないのです
という事は相談者の気持ち一つです
その離婚と修復という言葉を並べる事をやめるのです

カウンセリングでは相談者の

‘離婚したくない‘

という事を、勝手に修復という曖昧で妄想でしかない事に置き換えている状態を
変えてもらうのです
そこから、自分の思考が現実的に変わっていくのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら