夫婦は友人関係と違って戸籍が担保しているから修復なんて不要

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

(昨日上記動画更新を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者には必ずと
言っていいほど、修復という言葉がセッション中に出てきます

『私は修復希望です、とにかく修復したいです』
『離婚は考えていません、修復を考えています』
『修復するにはどうすればいいのでしょうか』

というような言葉です
その修復という意味は何か

まるで、希望する

‘会社‘
‘学校‘

を希望するかのようなイメージです

会社や学校というには、もちろん誰が見てもわかるわけです
場所や歴史やその内容まで、HPを見ればわかります
しかし、修復というものにはHPがあるわけでもなく自分の想像でしかない

その修復というものを、いとも簡単にあるものとして話している相談者の修復は
何かと言えば

‘リペア‘

というようなイメージです
リペアというのは

① 修理すること。修繕すること。
② 回復すること。取り戻すこと。

というような定義の言葉です

相談者からすると

『そうです、夫婦を回復したいのです』
『夫婦の仲を昔のように取り戻したい』

という頭があります

しかし、学校や会社を希望するのとは違って修復は形がないのです
物理的なものではないのが夫婦の関係です
世の中、人間関係を回復したいという意味で修復という言葉を使いますがそもそも
戻りたい直したい起点なんて夫婦にはないのです

何年何月何日何時何分の夫婦に戻りたいというのであれば話は別です
しかし、そんなタイミングの夫婦を覚えているわけではないですし覚えていても
意味がない
なぜなら、夫婦なんて日替わりどころか数時間で仲は変わります

午前中は普通にしていたのに、午後になるとちょっとした事で大ゲンカするのが
夫婦です
そのわずかな時間の平穏な夫婦に戻りたいと言ってもできるわけがない
と言いますか、ケンカしていようがいまいが

‘不倫していない夫に戻ってほしい‘

と思っているのが相談者の言う修復なのです
しかし、夫は自分ではないのです
自分ではない夫の不倫をどうやってやめさせる事ができるのか

そう考えると、修復という言葉に自分の首を絞められているのです
就職や進学を希望するのとはわけが違う、実体のないものを希望すると言っている
から、結局は自分が苦しいのです

そもそも夫婦に修復という言葉を無理くり当てはめても意味がない
夫婦は自分とこれからを動かすだけです
夫との関係性を考えても、夫婦の関係は戸籍が担保しているのです

友人関係は何とでも定義できるものです
しかし、夫婦は戸籍が一つであれば気持ちなんて関係ないのです
それ位、腹を据えて臨む関係と知る転機なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら