木村泰之が一番言いたいのは不倫という現実から逃げてはいけないという事

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私の中では相談者の
何を変えてあげるべきなのかという事を常に考えているわけです
それは言い換えると何に気付いてもらうかという事です

相談者の中では

`夫はどうでもいい`

という半ば諦めに近い心境あります

それは

『私があれだけ言っても不倫をやめてくれない』
『私の事なんて心配じゃない』
『私を何も思ってくれない』

という

`ないない`

という事しか思い浮かばないのです

それはまさしく夫を変えたいし、与えてもらいたいという思いです
そう思うのは無理もない話です
しかし、そこからどういう事が変わるのかといえば正直何も変わる事はない

むしろますますひどくなるだけです
その構図はどこから起こるのかと言えば、

`自分を変えていない`

という事に尽きるのです

不倫をしている夫に、社会はどう思うのか

『あほなやつ、不倫して迷惑をかけているのをわからないアホ』
『自分が情けない事をしているのをわかっているのか』
『こいつの家庭はかわいそう』

と、とにかく卑下する事は間違いないのです

その夫を変えようとするのは、心情はわかるわけですがやはり妻としては

`怒りを出す`

事が自然の感情です
それを封じ込めて

『あなたはそんな事をする人ではない』

というのは、あまりにもお粗末です

夫の不倫が事実という事を優先させなければいけない
その事実が全てという自分が必要なのです
事実が優先するというのは、現実的な女性そのものです

夢だの希望だのたわごととして花畑でブス女と乳繰り合っているバカ二人に大事な
人生を狂わされていいはずがないのです
自分の感性とか感覚からして、夫の不倫は自分が一番忌み嫌う事です

よく価値観が合うから結婚したという人がいる
その価値観が合っているのであれば、夫は妻が不倫が一番嫌がるという事をわかって
いるはずなのです

それをわかってやっているという現実に、妄想の夫を優先させていていいはずがない
のです
それをカウンセリングの中でしっかりと理解してもらうのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら