夫は上司の言いなりの使えない営業マンと同じという現実

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

不倫している夫とブス女について、相談者から毎日いろいろと経緯を聞くわけですが
そのバカな事をしている二人は本当になぜこんな事をするのか、なぜこんな言い訳を
するのかという憤りを感じるわけです

『俺たちはもうとっくに終わっている』
『俺には俺の人生がある、もう自分で生きていけ』
『早く終わりにしよう、時間のムダだ』
『なぜ別れない、俺をそんなに苦しめたいのか』

という言葉が出てくるのです

その言葉は聞けば聞くほど無責任極まりない話です

それを大の大人の夫がアホ面下げて言っているのを聞いて、妻としてどう思うのか
もちろん、それまで平穏無事に暮らしてきたところにいきなり

`離婚`

を促す言葉を出されたら、

『そんな事急に言われても』
『何を急に言い出すの』
『私に不満があるなら教えて』

と、その原因や理由を聞かなければよくわからないと思うのは当然の事です

その質問をすると

『別にお前が嫌いになったワケじゃない』

と言ったり

『もうお前の全部がいやだ、ずっとガマンしてきたんだ』

と言ったり

『お前の事はイヤじゃないけど、とにかく一人になりたい』

と言ったり、要は何も理由にならない事を曖昧にしか言いません

それは当然の事です

なぜなら

`ブス女に離婚を言わされている`

だけだからです

要はブス女との不倫を続けるためには、ブス女が望む事をやらなければいけない
それはブス女にとって夫がフリーになる事です
しかも、夫はブス女と不倫に持ち込んだりする時に

『妻とはうまくいっていない』
『いずれ離婚するつもり』

と、鈴木杏樹の不倫相手のアホなチキンが言っている事をそのまま言っているその
言葉に

『早く別れてもらいたい』

という、嫉妬とコンプレックスがメラメラと出てくるのは容易に想像できる事です
そしてその中でブス女の方が快楽の供給と引き換えに、不倫の主導権を握るわけです

そうなると

『いつになったら離婚してくれるの』
『私はもうガマンできない』
『このまま私を捨てたら許さない』

と、鬼気迫る顔で夫にプレッシャーをかけます

その様は、

上司に死んでも契約取ってこいと言われたボンクラ営業マンと同じです
世の中の使えない営業マンの言葉は、

『何言っているのか意味不明』
『そんな説明で買うわけのないじゃない』

というのが相場です

アホな夫を、その営業マンと同じように見る自分を作るのです
夫をそこまで見下せる自分が、全ての状況を変えるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら