‘誘惑に弱い‘不倫夫を強いと言っている平和ボケの自分に喝

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にとっては、とにかく一刻も早く状況を好転させたい一心
になるわけです
その気持ちはよくわかりますし、そう思うのは当然の事です

しかし、それを望めば臨むほど現実はそうならないわけです

『俺はお前とはもう無理だから』
『何をしてももう遅い、早く別れてくれ』
『俺には時間がない、離婚してくれ』
『こうしている時間こそムダだ、俺をこれ以上苦しめないでくれ』

という夫の言葉に

『私が優しくすれば戻ってくれるなら、いくらでも優しくする』
『私が至らない妻だった、もっと大事にしていれば良かった』
『夫は私を許してくれるだろうか』
『何でもするから、不倫をやめて欲しい』

という、いわば神頼みのような状況になるわけです

そういう状態の相談者にとって、すべき事は何か

そもそも夫の不倫というものは、いわば人災です
地震や水害などの自然災害とは全く違います
その人災という認識がいつの間にか、天災のような感覚になっているのです

そこに大きな勘違いがあるのです

『こんな安全な所に起こるはずがない』

という位の自分になっているのです

そこに大きな平和ボケがあるのです
そもそも夫には不倫の恐れなんてないと言っている自分が、最大のリスクです
例えば幼い子供のケガや恒例の親の体調などは、非常に強いリスク管理の意識
があります

なぜなら弱者であるからです
子供や親を心配するのは、

『私よりも体力や健康に不安がある、ケアするのは当然の事』

と、しっかりと子供や親は弱いという認識があるからです
もちろん、多くの場合夫は妻よりも健康面でも体力面でも強い存在です
しかし、この不倫というのは

‘誘惑に弱い‘

というれっきとした弱さがあるのです

その夫の弱さにリスク管理をする自分が必要なのです
なぜなら、それをスルーしていては困るのは自分でしかないのです
子供や親のような見た目わかりやすい弱さとは違いますが、明らかに夫には
心の弱さがあるという意識が必要なのです

それをカウンセリングの中で、しっかりと認識してもらうのです

『夫を怖いではなく弱いと思うという事はこういう事なのですね』

と、自分が見誤ってただの保険のような存在にしていた夫を

‘不安を製造する存在‘

という事を認識してもらうのです

そこから、夫の不倫は天災でも何でもなく人災という事がよくよく理解できる
のです
夫の不倫で、自分より圧倒的に弱い夫に依存している場合ではないのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら