不倫夫を敵対視しなければバカを見るのは自分と伝えるのが木村泰之

不倫夫を妻が敵対する必要性

夫婦カウンセラーの木村泰之です

多くのトラブルが毎日世の中には起こっているわけです

コロナウィルスのように全世界的規模のものあれば、今の政治を憂うような
日本特有のものもあります

 

また、自然災害や道路の陥没等の住んでいる地域レベルのものあります
会社や町内とか、ある組織単位のトラブルもあるはずです

その中で夫の不倫のように、夫婦の中のトラブルもあるわけです

 

夫の不倫は夫婦の間で起こっているわけでも何でもない

 

しかし、夫の不倫は夫婦の中で起こっているわけではありません
不倫は夫とブス女の悪事でしかない

そう考えますと、もろもろのトラブルでは夫婦間に

‘加害者と被害者‘

という区分はないわけです

しかし、不倫は明らかに夫婦での区分があるのです

つまり、普通のトラブルでは夫婦が共に被害者になるケースが殆どですが
不倫は敵対する関係になります


それを自覚しなければいけないのです

多くの相談者は、不倫が起こっても夫は自分の味方としか思っていません

いや、自分を助けてくれて守ってくれる存在です
確かに生活費を入れている夫は味方です

 

不倫は夫婦に著しく反する事

 

 

経済的に家族に寄与するのは当然の義務ですが、不倫はあくまでも夫自身が
自分の性的欲求を満たすものでしかない

つまり、妻にとっては夫婦の関係性に著しく反する事です

その義務だけを味方の理由にしていては、不倫という反社会的行動に対して

弱い態度しか出てこないのです

 

  • 『不倫は嫌だけど、怒れば夫はお金を入れなくなるのでは』
  • 『夫を詰めると生活費を締めてくるのでは』

 

という、義務を果たさない事を恐れている

しかし、婚姻費用の分担調停で払わせる義務は負わせる仕組みが日本です

その義務を果たさない事には、世の中がしっかりと見ているのです


その分、不倫という悪事には妻が一番メスを入れる義務があるのです

逆に妻が先頭に立って切り込まなければ、誰もやるはずがない
不倫というトラブルというか悪事は、他の事象と同じ対応ではいけない


他の事であれば夫婦で乗り越えたり、協力する事でいいのです

しかし、不倫はその夫婦に敵対が存在しているのです

 

相談者にバカを見て欲しくないのが木村泰之のカウンセリング

 

それをしっかりと理解してもらうのが、木村泰之のカウンセリングです

 

  • 『夫婦をどうにかする前に、犯罪を放置してはいけない』
  • 『夫婦は戸籍が担保している、それよりもブス女を叩かなければいつまでも
    同じ状況が続く、嫌どんどんひどくなる一方ですよ』という事をお話しします



そこから心のどこかで夫を信じているとか、味方と思っている自分が

『このままでは私バカを見る』

と、本能的に察知するのです


それは自分が甘く考えていた夫と自分を、自分から厳しく見る方に舵を切った

証拠です

そこから相談者が、不倫は夫を敵対視しなければいけないと心に決めるのです

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら