世間から白い目で見られる夫とブス女を強いという自分の弱さに喝

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私が日頃聞いている
相談者の話は、正直本質的には同じ問題を抱えています
その問題というのは、

‘夫とブス女が弱い‘

という事です
それを聞くと相談者は

『え、そんなはずはない、うちの夫は強気ですけど』
『そうは思えません、弱いのはわたしです』

という言葉が返ってきます
現状の中で、そう思うのは無理もない話です
しかし、私がなぜこのバカ二人が弱いというのかは理由があります

そもそも不倫をしているというのは、反社会的行為をしているのです
それは性欲であったり、自分の嫌な事や不安な事をいびつな関係の中で紛らわせて
いるわけです
その関係を世の中の人は、

『バカな事をしているやつら、自分たちのしている事で多くの人が嫌な思いをする
のはわかっているだろうに』
『絶対に許してはいけない、聞いてて腹が立つ』
『こんな事をしているやつらが会社いたら、絶対にとがめるのに』

という思いが出てくるのです

そういう声が出るという事は、バカ二人が意志の弱い人間という事を表している
社会で暮らすためには、自分都合や勝手を優先させていてはいけないわけです
もちろん、趣味や道楽の話であれば問題ないわけです

しかし、不倫はそういうものとは全く違って自分の辛抱や我慢をしないで人に不快
な思いをさせている悪行でしかないのです

そこに、

‘夫とブス女が弱い‘

という問題があるのです
相談者の考える夫の強さというのは、その弱さの裏返しの逆ギレとか犬の遠吠えと
いう行動を勘違いしているのです

その証拠に会社の上司に見つかって

『俺の勝手ですから』

とタンカ切る勇気なんてこれっぽちもないのです
そういう弱さを妻である相談者が想像しなければいけないと同時に、自分を勝手に
弱い人間にしている自分もやめるのです

『こんなに我慢もできない弱い人間に負けたら一生後悔する』

という信念を持つのです
私の相談者があれだけ強いと言っていた夫が、ブス女を直接叩いた後の情けない姿
をまざまざと見ると

『本当に鼻くそみたいな男です』

と、言葉が真逆に変わるのです

その言葉こそが、自分と夫とブス女との正当な序列を表しているのです
自分を勝手に弱らせて、バカ二人を強く見ていた自分に喝を入れるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら