対等であるべき夫婦が不倫夫上司でサレ妻部下の現実を知る

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者は何かにつけて、強迫観念に駆られている状況が続きます
その相談者を苦しめる強迫観念とは、ういうものなのかを知る事が重要です

『私が夫に優しくしていなかったから、こんな事になってしまった』
『私は夫にはふさわしくない奥さんなのかも』
『私が諦めなければ、夫を苦しめる事になるかも』

というように、

`自責の念`

がその強迫観念の正体です

そもそも夫と自分には対等の関係があるはずです
そうでなければ、結婚なんてしないはずです
その関係性があるからこそ

『お互い尊敬し合って人生を進んで行きたい』
『何かあれば補い合って支えて行きたい』
『いい事も悪い事も共有して行きたい』

という、

`運命共同体`

の意識が必ず出てくるわけです

しかし、いつの間にか夫と自分の関係は対等というより

`上下関係`
`主従関係`
`メインとサブ`

のように序列が付いているのです

そう言われて

『特にそんな意識は持っていないけど』

という相談者もいますが、では不倫夫をこうもあがめているのは何なのか
不倫している夫にサレ妻の自分に怒りや憎しみが希薄なのは、とりもなおさず

`恩恵を受けている意識`

があるからです

対等であれば

『私のプライドをズタズタにされた、あり得ない』
『こんな事されて私も舐められたものだわ、いい度胸しているよね』
『よくもいけしゃあしゃあとウソついているよね?』

という意識が出て来るのです

それが出なければおかしいのです
そういう自分では上下関係になっているとは意識していなくても、ハタから
見れば

『あの夫婦ヤバいよね』
『奥さん頭大丈夫か』
『夫婦に依存があるからだよね』

と映るのです

そういう客観的に映る自分たち夫婦の構図を、明確に知ってもらう事が大事です

『私はこんな風に周りから見られているのですね』
『夫はアホな事をしていると思われていますよね』
『すがっている私が世間から見ると、ダメな妻なんですよね』

と、夫から見る妻がダメなのではなく世間から見る妻がどうなのかという視覚を
持ってもらうのです
例えるならば、自分と夫の会話をビデオで撮って再生して見るようなイメージです

その時は一生懸命夫に話しているわけですが、後からその姿を見ると

『私ヤバい奥さん、夫に謝っている姿しかない』
『こんなに依存しているから、おっかなびっくりしゃべっているんだ』

という、半ば呆れる自分を見るはずです

そういう

`自分を客観視する`

という思考を持つ事が大事なのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら