サレ妻の特徴は自分を被害者と思わず自分に非があると責める思考

 

(昨日上記動画更新を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、サレ妻という言葉が
世の中には横行しているわけですが、それはまさに

`被害者は妻`

という事を表しているわけです
にもかかわらず、どうしても

『私は不倫されるだめな奥さん』

というようなイメージを自分に植え付けてしまっているわけです
その心理を跳ね返してもらう事がカウンセリングの大きな目的でもあります
そもそも夫の不倫は誰が見ても

『ダメな男、情けない』
『家族があるんだろう、バカやってんじゃないよ』
『本当に悪い事しているという自覚がないんだよ』

という見立てをされるのです

そこから自分が被害者ではあるけど、自分を責める人ではないという事を認識
しなければいけないのです
それを認識するには、本当に時間がかかるのです

なぜ時間がかかるのかと言えば

‘自分にバイアスをかけている‘

からです
バイアスというのは、偏りとかかさ上げという意味です
何を偏らせているのかと言えば、

`夫と自分の関係性`

です
その関係性というのは、審判がいませんからいくらでも対等関係が崩れるのです
そうなると、世間からズレている夫婦でも

『夫の言う通りにしておけばいい』
『私が何か言うとおかしくなる』
『夫についていくだけ』

という自分がいつの間にか普通になってしまうのです
その中では、夫と自分にはいびつなルールができてしまっているのと同じです
夫が言っている事が間違っていても

‘逆ギレやシラキリや無視‘

で自分の正当性をごり押しする夫と、それを許す妻になっている
そこに夫に重きを置く偏りが出ているのです
夫を大事にするのではなく、夫を怒らせたくないという意識から来る偏りです

その偏りに気付かなければ、いつまでも夫の言いなりになっているのです
その延長にサレ妻という被害者というよりも、自虐の自分がいるのです
そこか被害者の自分が、いかに償いをさせる立場を意識できるかです

サレ妻なんて惨めな表現を使っている場合ではなく、しっかりとこのバカ二人の
稚拙でアホな実態にメスを入れる妻に変わらなければいけないのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら