探偵報告書で苦痛を金に換える弁護士依頼の前に現実を知る行動

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫で悩む多くの相談者が直面している事は、どうしてもすべき事がよく
分からないまま、とにかく時間だけが過ぎてしまっています
それは例えるならば

`コロナウイルスに初めて遭遇した時`

と変わらないからです

コロナウイルスの正体が最初全くわからなかった2月ごろは、世界がパニック
になってしまい、とにかくなるべく人と接触しない事しかなかったわけです
しかし、そうは言っても誰とも接触しないわけにはいきませんから、政府や
行政や企業が慌てて、テレワークとか学校行事の自粛をし始めました

しかし、それでも外国からの入国を抑えていないので感染が減る事はなかった
わけです
要はコロナウイルスというものがどういうものかよくわからない時には、政府
も正直情けない対応しかしていないのです

そこから時間が経過してくると、

『コロナウイルスはいくつか種類がある』
『感染しても、軽症の可能性もある』
『集団感染して免疫ができてくれば、状況が収まってくる』
『空気感染するわけではないから、飛沫感染をとにかく気を付ける事が大事』

など、その正体がわかってくると対応が変わってきました

慣れも出てきてGOTOキャンペーンなどの、経済振興策も出されてはじめて
国民も少し行動が変わってきています
それもこれも、コロナウイルスの正体がわかってきたからです

もちろん撲滅する所まではなかなかいかないのも事実です
しかし、その特性がわかればすべき事がはっきりしてきます
不倫もそれと同じで、その正体や特性がわかればかなり冷静に行動できます

私が不倫の実態から目を逸らしてはいけない、というのもそのためです
相談者からすると

『相手の女と同じ土俵に上るのはいや』
『夫が辞めてくれればいい話』
『不倫の実態を知るのは怖い』

というような思考があります

しかし、そのままではおっかなびっくりの自分しかいない
そうなると、弁護士を雇って不倫をどうにかするために慰謝料請求をする人も
います

しかし、弁護士は原因を追究するのではなく

‘発生した苦痛をお金に換える人‘

でしかないのです

不倫についての実態を追及するわけではなく、起こった事に対して受けた苦痛
を単純に慰謝料として取るだけの人です
それではいつまでもブス女の事はよくわからないまま、単に書類で過去の苦痛
を訴え、お金にするだけなのです

私がお話しするのは、それをやっても今後の夫婦には何も自信が生まれるわけ
ではない
不倫の実態を自分の目で耳で肌で感じて、

『こんなバカな二人に私は弱らせられていた』

という怒りを持つ事が大事なのです
そのためにブス女には直接対決する事をアドバイスするのです
最初は恐々と聞いていた相談者も、自分の人生を真剣に考えたら

『私はこの現実に逃げたり、弁護士に任せている場合ではない』

とわかるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら