夫の不倫に‘やってはいけない‘と‘やらなければいけない‘事を真逆にする

夫の不倫の対処の鉄則

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にとっては、どうしても自分ができる事とできない事の
バランスが非常にいびつになっています

『私は夫には何も言えない、できるのは怒らせない事くらい』
『私には離婚されない事だけが大事、後は我慢するしかない』
『私の中ではとにかく夫に不倫をやめてもらうよう祈るだけ』

というように、

‘人事を尽くして天命を待つ‘

のような心境です

その中では、できる事とできない事の比率は下手すると1:9とか2:8のような
感覚です
しかし、それは多くの相談者が勝手に

『私には無理、絶対に無理』

という暗示をかけているのです
そこには夫の言葉や態度を想像してしまって、自分にストップをかけている
のです
そういう相談者の

‘夫へのトラウマ‘

のような状態から抜けてもらうのがカウンセリングです

そもそも夫の不倫に対してできる事とできない事は、9:1とか10:0でも全然
おかしくないのです
なぜそうならないのかと言えば、先々を考えすぎているからです

例えば

『夫に離婚されたらどうしよう、私はやっていけない』
『夫が家を出ていったら私は本当に悲しい』
『夫に生活費を止められたら、私は何もできない』

というように、まだ起こってもいない事を数多く想像しているのです

しかし、そんな事を想像してもそうなるかどうかは別です
それよりもビビって何もできない方が、チキンもブス女も図に乗ってきて、
悪い事が現実として起こるのです

ケガや病気でしばらく入院すると、足腰の筋肉が落ちてしまっているので、
動きたくても動けない
要は自分で動く能力を止めてしまっているのです

そうなったら何よりも、足腰のリハビリをする事が先決です
そのメンタル版が木村泰之のカウンセリングなのです
そのリハビリには、夫の言動への対応シミレーションも数多くします

また、ブス女への対処もどんどん具体的にアドバイスするのです
そこには、多くの相談者が

『そんな事すると、夫婦はどうなってしまうのか』

と思っている事を、

『それをやらなければ、夫婦はさらにおかしくなりますよ』

と伝えるのです

そこには、相談者が

‘やってはいけない事‘

‘やらなければいけない事‘

を真逆にしているという事を伝えるようなもです

相談者の基準のやってはいけない事は、数多くあるわけです
しかし、私から言わせればそれこそがやらなければいけない事なのです
それを入れ替える事で、相談者には一気にやらなければいけない事が増える

そこになぜやらなければいけないのかを、根拠を持ってお話しすると

『真逆に考えていました、話を聞いて間違っていたとよくわかりました』

と、安心して行動してもらうのです

そこから相談者が毎日のように、止めていた行動を続けていくのです
その先には、相談者の納得が日々得られるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら