夫の浮気調査を自分で尾行したい人必見!成功に必要な5つの事

不貞証拠を自分で探す

公開日 2022年8月31日 最終更新日 2022年8月31日

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃夫の不倫に悩む相談者にとって、どうしても夫婦の関係を冷静に捉える事は
難しいのは当然です

 

その中で状況が進むにつれて、証拠を撮りたいという思いが強くなります

 

そこから、証拠を掴むのにはどうすればいいのか悩むわけです

 

そういう時に、ネットサーフィンで探偵を検索する方は少なくありません

 

しかし、正直怖かったり不安が頭を過ります

 

また、勇気を持って電話で聞いてみると、驚く位高額な提示をされます

 

どうしても撮れないという時には、初めて探偵を使うわけです

 

その探偵の選定や交渉話法をアドバイスし、また場合によっては紹介をしています

 

*探偵の紹介は継続的にカウンセリング受けている方に行っています

 

では、どのように証拠を自分で撮るのか

 

そもそも不貞証拠とは何か

 

 

そもそも、夫の不倫に直面した時に、必要な不貞証拠とは何か

 

不貞証拠というのは、夫とブス女の

 

`肉体関係

 

を証明するものです

 

逆に言えば、証拠にならないモノを知る事が大事です

 

不貞証拠にならないモノ

 

1.LINEの親密な会話

 

よくあるのが、LINEの親密な会話です

 

『昨日は本当に気持ちよかった、またやってほしい』
『今度は〇〇ホテルにまた行きたい』
『今日は3回イッチャった』

 

と、普通に読めば絶対に肉体関係があると思うわけです

 

しかし、いずれにしてもそれをゲットして詰めても

 

『こんなの冗談に決まっているだろう』
『言っているだけ、やるわけないだろう』
『これを本気にしているのか、バカじゃない』

 

と、シラを切られてしまいます

 

いくら間違いないとこちらが言っても、妄想癖があるとかジョークと言われてしまうと
それで終わってしまう可能性が高いのです

 

2.夫のメモや日記

 

よくあるのが、夫のメモや日記にブス女との密会を赤裸々に書いている事もあります

 

もちろん、それを読めば夫が書いているわけですから

 

『こんなの絶対にウソなんて書くわけない』

 

と思って問い詰めると、

 

『プライバシーの侵害だ』
『俺の日記を勝手に読むなんて、あり得ない』

 

と、逆ギレをするケースが殆どです

 

もちろん、こういう事が起こればいいと思って書いているとか、気持ちだけで実際には
そんな事をするはずないと、否定するのです

 

3.ラブホテルのカード

 

また、ラブホテルのカードを発見する事もありますが、それだけ見つけても不貞証拠
としては、やはり足りません

 

カードだけでは、誰と行ったのかもわかりません

 

これらの類も、もし問い詰めても

 

『知らない、多分飲み会の時ふざけて後輩が俺の財布に入れたんだ』

 

というように、自分の持ち物ではないというシラを切られるのです

 

4.ブス女の手紙やメモ

 

いろいろと探していると、ブス女からの手紙やメモなども出てくる事もあります

 

そこに書いてあるのは、

 

『大好き、これからもよろししくね』
『一緒に慣れるといいな、いつまでも』
『うちの子もあなたの事を受け入れていた、本当に嬉しい』

というような事が書いてあります

 

もちろん、そのブス女の意思は書いてあるわけですが、それで肉体関係を持っている
という事にならないのです

 

妻としては、それを見つけて

 

『絶対に不倫している』

 

と思ってもおかしくないのは当然ですが、それだけでは証明できないのです

 

5.夫の汚れた下着

 

よく、夫の不倫がわかって妻が下着をチェックする事もあります

 

そして、汚れていると

 

『絶対に今日会っている、やっている』

 

という確信ができてきます

 

そして、その汚れた下着を保管して、それは証拠にならないかという事を考えますが
やはり、それだけでは相手が特定できませんし、関係を持っているとは限らないのです

 

妻としては歯がゆい気持ちですが、冷静に対処しなければいけません

 

ここで夫を詰めても、何も変わらないわけです

 

不貞証拠になるもの

 

 

それでは逆に、不貞証拠になるものは何かという事です

 

先ほど言いましたように、夫とブス女の肉体関係を証明するものです

 

そうは言っても、この二人がベッドで乳繰り合いをしている場に遭遇する事もができる
わけではありませんから、普通に考えると不貞行為をする場所の出入りという事が把握
できる上限になります

1.ラブホテルの出入り

 

夫とブス女の肉体関係を証明する場合には、一番よくあるのがラブホテルの出入りです

 

司法としては、ラブホテルはSEXを目的に使う施設という定義ですから、この出入りが
録れたら、証拠になるわけです

 

とは言え、時によっては入るところが撮れなくて、出てくるところ、また逆に入る所は
撮れたけど、出てくる所は別の出口からというように、出入りがセットで撮れなかった
ケースも出てきます

 

そういう時には、ケースバイケースですが、他のLINEのやり取り等も合わせて証拠に
なる可能性も少なくありません

 

2.二人の裸のツーショット

 

不倫バカ二人の不貞証拠は何も家の外でなければ、撮れないわけではありません

 

夫のスマホの中に、ブス女とのハメ撮りが出てくるケースは少なからずあります

 

その絵がはっきりと顔がわかるものであれば、十分証拠になります

 

なんせ、裸でやっている映像や写真であれば、これ以上証明するものはないと言って
いい事です

 

3.SEX中の音声

 

ハメ撮りと似ていますが、SEXをしている最中の音声でも、証拠になる可能性は高い
わけです

 

車の中とか夫のかばんに仕込んだレコーダー等で、その音声が録れるケースです

 

音声は一人一人違いますので、声紋鑑定でブス女を特定できるわけです

顔はわからなくても、音声だけでも証拠になる可能性は十分にあります

 

4.夫の自白の念書等

 

夫の不倫では、妻が意を決して強く出て、その事実を認める事があります

 

その認めている事実を念書を書かせるとか録音に録っておく事で、それが証拠になる
という事もあります

 

しかし、その内容がいつからいつまで、誰と、どこで、どのようにと言う詳細が曖昧
になっていると、夫の不倫は間違いないけど、特定のブス女がわからないという事で
証拠としては不十分になります

 

逆にしっかりとブス女の名前や、時期や場所等を書かせることができれば、それだけ
夫も観念していますので、この不倫を妻に全面的に認める事になります

 

不貞証拠を自分で掴むには

 

 

このように、夫の不倫を知って証拠を撮りたいと思って、いろいろと調べるわけですが
証拠になるものもあれば、そうではないものもあります

 

しかし、実際には最初から証拠になるものばかりを選択して掴めるわけではありません

 

根気強く探す決意

 

やはり、地道な作業になる事も少なくありませんから、まず根気強く探す事が大事です

 

特にまだ証拠がしっかりとないうちに、

 

『まさか浮気していないでしょうね』
『何か隠していないよね』
『ちゃんと正直に言ってよ』

 

夫に一回詰めてしまった後では、スマホにロックをかけられたり、予定を言わなくなり
とにかく妻にとっては

 

『詰めなければよかった、失敗した』

 

という思いしか出てきません

 

不倫を知って動揺するのはわかりますが、そういう事にならないためにも、

 

『絶対に尻尾を捕まえてやる』

 

という決意が必要です

 

夫の持ち物を探る

 

不貞の証拠を撮るのに、まずすべきは夫の持ち物を探る事からです

 

先ほど書きましたように、スマホの中には証拠になり得るものがあってもおかしく
ありませんし、カバンや財布や定期入れや車の中等様々なものを探るのです

 

1.スマホの情報をゲットする

 

スマホの中は宝の山という事は、誰でもわかっています

 

しかし、

 

『夫のスマホを覗くなんて、やった事がない』

 

と思って、躊躇する方もします

 

しかし、そもそも起こっている事が起こっている事です

 

隠されている実態に、こちらがバカ正直に生きていては、悪に立ち向かえません

 

しかも、妻という立場で探った事にいちいちプライバシーの侵害なんてアホな事を
司法もとがめる事はありません

 

ブスとのLINEや写真や動画などがあれば、しっかりと写メを撮ってバックアップも
持っておくのです

 

くれぐれも、夫に見つからないタイミングを狙って、継続的に見れる状態を作る事が
大事です

 

スマホにロックをされている場合でも、家の中のよく使う場所の後ろに周り込んで
遠目に解読する方もいますし、中には小型の定点カメラを設置して、夫の指の動きを
見る方もいます

 

2.カバンを探る

 

また、カバンの中からブス女の手紙やメモやプレゼンㇳなども出てくる事もありますし、
ラブホテルのカードや避妊具も大きな補完的証拠になります

 

後は離婚届が出てきたり、部屋の賃貸借契約書等も出てくる事も珍しくありません

 

もちろん、それらを見て驚くかもしれませんが、離婚届を夫が自分の欄を書いただけで
離婚が成立するわけでもありません

 

心配であれば、離婚の不受理届を役所に出しておけば、勝手に夫が妻の欄を書いて出した
としても、成立する事はありません

 

また、賃貸借契約書を見つけたら写メを撮って、住所や契約日や賃料や間取りなどを把握
しておく事です

 

3.財布をチェックする

 

財布の中も情報の宝です

 

お金はもちろん、ラブホテルのカードや避妊具等も出てくる事もあります

 

お金を毎日チェックすると、使ってたりおろしているお金の動きや食事の際のレシート
などから、ブス女との行動パターンも読めてきます

 

またラブホテルのカードから、どこら辺のエリアのホテルを使っているのか、避妊具
の減り方で、会っている頻度も想像できます

 

4.定期入れをチェックする

 

定期入れがあれば、そこに入っている交通系ICカードから乗降履歴が取れます

 

自分のスマホにアプリをダウンロードして、そのカードをかざせば自宅でその情報が
ゲットできます

 

その履歴からブス女との待ち合わせ駅とか、住んでいる最寄り駅もわかってくる事が
あります

 

5.キーケースをチェックする

 

夫の不倫では、よく部屋を借りるというケースは少なくありません

 

カバンの中に賃貸借契約書があれば、借りている実態があるわけです

 

もしそれが出てこなくても、借りているケースは少なくありません

 

そういう時に、キーケースを見て見知らぬキーがあれば、それが借りている部屋のカギ
という可能性は高いのです

 

しかも、それほど高額の部屋を借りれるわけではないはずですから、キーも結構単純な
作りのモノです

 

そのキーを近くの鍵屋でコピーを作っておくのです

 

もし、それを抜く事ができないようであれば、キーの番号がわかるように写メを撮って
鍵屋に持っていくと、コピーできる可能性があります

 

そのキーを持っておくと、夫とブス女がいない間に、その部屋に入っていろいろ調べる
事ができます

 

もちろん、妻ですから夫が契約者の部屋に入っても不法侵入にはなりません

 

知られていないと思って借りている部屋ですから、無防備にいろいろなものが出てきて
不貞証拠につながる可能性も高いのです

 

 

証拠に辿り着く作戦を立てる

 

 

諸々の情報が手に入れば、そこから夫とブス女の密会の日時や場所の当たりがつく事
も出てきます

 

そうなると、そこにどう言う準備をするかという事になってきます

 

そこにしっかりと作戦を立てる必要があります

 

その作戦には、勇気も度胸も必要です

 

もちろん、不確定な事も多々あるかもしれませんし、全く辿り着かない状況が続く事も
あります

 

そういう時には、やはり時間をかけてその情報の収集をする必要がありますが、ここで
焦ってはいけませんし、諦めてもいけません

 

相談者の中には、5年かけて撮った方もいます

 

それ位、自分の中でこの不倫には屈しないという思いが必要です

 

 

不倫夫とブス女を自分で尾行する

 

いろいろな情報や自分の気持ちが揃うと、自分で尾行をする事も出てきます

 

やはり探偵を使うと高いですし、正直ぼったくりもありますから不安です

 

しかし、自分でやるのも不安がよぎります

 

それをカウンセリングで一緒に作戦を立てて、頑張る方は少なくありません

 

やはり、自分一人では難しい事ですから、どういう事が起こるとか、そのための準備は
何が必要なのか等、しっかりと一緒に考えてやるのです

 

そういう中で、自分が体を動かす事で自信や強さを身に付ける事になります

 

すぐに探偵に頼むよりも、自分でできる事をやるのです

 

 

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

 

 

 

 

 

尾行に絶対必要な5つの事

 

 

まずは確信のある密会の日時や場所がわかったり、多分この日この時間、ここであろう
と、ある程度わかっている時に尾行をしてみようとする際に、準備が必要です

 

味方や協力者を作る

 

この夫の不倫の証拠を掴むという事は、もちろん多くの妻にとっては初めての事です
から、不安や怖さがあるのは当然です

 

しかし、いつまでもこのまま指を咥えて見ていてはいけないという思いがあるからこそ

 

『絶対に捕まえてやる』

 

という思いになります

 

その思いを強くするためにも、味方や協力者を作る事は非常に大事です

 

私の相談者も、子供さんやママ友に協力してもらうというケースが非常に多いのです

 

中には、

 

『子供にはこんな事絶対に言えない』

 

と思っている方もいます

 

もちろん、それで言うか言わないかはその人によります

 

しかし、正直子供さんからすると

 

『黙っている方がおかしい、家族に起こっている問題なのに』

 

と、その状況をはっきりさせない姿勢が嫌なのです

 

逆にちゃんと伝えると、

 

『私も手伝う、一緒に証拠を撮る』

 

という意欲を出してくれるケースが圧倒的に多いのです

 

もちろんママ友も、誰でもいいというわけではありませんから、

 

『この人は私の事を一番わかってくれる』

 

という人に、しっかりと話をして

 

『あなたが困っているのに何もしないなんてあり得ない、協力する』

 

と言ってくれる人を作るのです

 

何も行動を起こしてくれるだけが協力ではなく、話を聞いてくれたり、情報を集めて
くれる事も大きな力になります

 

しかし、子ど子さんもママ友も協力者にできないい方もいます

 

そういう時には、カウンセリングの中で一緒に作戦を立てたり、相談者を紹介して
様々なアドバイスやフォローを行っているのです

そのバックアップを受けてもらい、しっかりと強い気持ちで証拠を確保してもらう
のです

 

気持ちの準備

 

もちろん、まずは気持ちの準備です

 

こういう時に

 

『夫に見つかったらどうしよう』

 

と思うのは誰しも同じです

 

しかし、そもそもそう思っているのは夫とブス女です

 

悪い事をしているのは、妻でも何でもなくこの二人ですから、そこに強い気持ちで
いく必要があります

 

もし万が一見つかっても

 

『あなたたちが悪い事をしているのだから、当然の事』

 

と、毅然と言い返す強さを持つ事が大事です

 

決して後ろめたさを持ってはいけないのです

 

証拠を収めるツールの準備

 

いざ尾行をするとなると、様々なツールが必要です

 

レコーダーやカメラなどは必須になります

 

レコーダーは、何かの拍子で音声を録る事もあります

 

もちろん、カメラはとにかく映像として収める事で証拠になるわけです

 

とは言っても、それほど高価なモノを買う必要はありません

 

通販で売っているレコーダーでいいのですが、複数ある方がいいのです

 

カメラも自分のスマホでもしっかりと撮れますが、充電をしっかりしておく事と
長時間のケースを想定して充電器も持っておくのです

 

使っていないスマホも、カメラ機能だけを使っても構いません

 

とにかく、もし密会する場面に遭遇したら、どれくらいの距離で撮れるか練習をして
おくことが大事です

 

もちろん、その際には写メではなく動画です

 

いちいちシャッターを押している時間はありませんから、とにかく捉えたら動画で
ずっと撮るのです

 

その練習をしておくのです

 

変装グッズを準備する

 

尾行となると、やはりいろいろな変装グッズも必要です

 

かつらとか帽子や、サングラスもしていく方も珍しくありません

 

特に男は女性の髪の長さが変わると、別人のように感じる傾向がありますのでウイッグ
等を使うのは有効です

 

また、普段は着ていない服装も準備しておくといいですし、追いかけている中で買い物
袋を持って歩いていると、近所の人のように紛れるようになります

 

いずれにしても、自分の中の

 

‘追いかけている違和感や不安‘

 

を、変装で払しょくできるようにすることが大事です

 

決して無理をしない

 

夫の不倫に証拠を撮りたいという気持ちも準備も整って、いざやってみるとなかなか
うまくいかない事もあります

最初は気付かれていないと思っていたけど、ちょっと振り返られてビビってしまう事
もありますし、追いかけている途中で見失う事もあります

 

それでめげてはいけませんし、無理をしてもいけません

 

やはり、最初の一回で撮れるという事の方が確率は低いのです

 

しかし、私の相談者でも尾行して掴むというケースは少なくありません

 

その尾行で撮れたものが完璧でなくても、他に撮れいているモノとの合わせ技で
十分に証拠になる事もあるのです

 

そういうペース配分とか、どこまでやるのかという事も、カウンセリングで一緒に
確認しながら、証拠になるように進めていくのです

 

自分で尾行が難しい時

 

 

自分で尾行をしてみても、どうしても難しいというケースも出てきます

 

 

その時には探偵を使う事も出てきます

 

私の相談者でも、いろいろとネットサーフィンをして調べて依頼している方もいます

 

聞くと、100万~300万払っている方も少なくありません

 

もちろん、お金に余裕があって不貞証拠を掴めるのであれば構わないわけですが

 

正直、そんなにかかるはずはありません

 

要は、探偵側の言い値で契約させられているのです

 

相談者はれほどその相場をわかっていませんし、証拠欲しさに口車に乗ったり

 

『これはしっかり撮らないと大変な事になる』
『今ならキャンペーン期間中だから』
『うちは明朗会計、成功報酬だから』

 

等と、営業話法に負けて契約している方も少なくありません

 

そういうような状況にならないためにも、カウンセリングで探偵の選定ポイントや、
交渉話法のアドバイスをしたり、探偵の紹介をしています

 

紹介する探偵はもちろん適正な金額で、私の相談者という事で丁寧に調査をする事を
予め約束してもらっています

 

*探偵の紹介は継続的にカウンセリングを受けている方に行っています

 

証拠を確保した後

 

 

自分で尾行して不貞証拠を確保した後、次にどうするのかですが、ここからもいろいろ
考えて進める必要があります

 

 

証拠を確保するという事は非常に大きなステップですが、そこからのアクションも
考えを整理しておかなければ、その証拠の意味がないものになります

 

それをカウンセリングでシミレーションをして進める事で、客観的に納得ある行動に
繋がるようになります

 

 

ブス女(夫)に慰謝料請求をする

 

 

不貞の証拠が撮れると、妻である相談者には慰謝料請求の権利が生じます

 

それは権利ですので、行使するかしないかはもちろん自分で決めればいいのです

 

また、慰謝料請求はブス女と夫の不どちらか片方ではなく、二人に対して行う事も
出来ますから、よくよく考える事が大事です

私の相談者でも、最近はブス女だけでなく同居する夫にも請求するケースが増えてきて
いますが、ブス女だけでは納得しないという思いもあるからです

 

ただし、この請求は不貞の事実を知ってから3年という縛りがありますので、3年過ぎて

 

『請求しておけばよかった』

 

と言っても後の祭りになります

 

そういう意味でも、私の相談者もすぐにやらなくても、そう遅くない時期に請求を
行います

 

もし

 

『別にお金ではない、別れてくれたらそれでいい』

 

という事で、請求をしないままで水面下で続いていて、それを知ってやはり請求する
と言っても

 

『請求しないと言ったから、それはもうしないでしょう』
『今さら何を言っているの、しないと言ったでしょう』

 

と、今度はブス女が調子に乗ります

 

しかし、それを妻側も請求しないと約束したのであれば、できないわけです

 

改めてまた、証拠を撮って請求するような事になります

 

そうならないために最初から

 

`請求の権利を行使する`

 

というスタンスの方が、納得いくはずです

 

その中で請求する方法は、大きく分けて二通りです

 

弁護士を使って行う方法と、自分で行う方法です

 

弁護士を使う時には、法律や手続き方法がよくわからないという事であれば、メリット
はあります

 

しかし、そもそもそういう事をよくわかっている人はいませんから、そのデメリットを
知る必要があります

 

まずは、一般的に40万から70万位の高額な弁護士がかかる事があります

 

取れる慰謝料も相場が決まっていて、離婚しないケースで数十万から150万位の範囲
ですから差し引き数十万が手元に残るだけです

 

また、弁護士との相性が良くないとか、ブス女との弁護士との交渉はかなり長くなる
ケースは少なくありません

 

やはり弁護士にとっては夫婦がどうなるかではなく、慰謝料の額ですからどこかで考えが
相容れないような状況にもなります

 

また、ブス女は請求に急いで応じるわけはありませんから、妻が焦れるのを待つ戦法に
出てきますが、弁護士はそれをいくらでも待つだけしかできません

 

それで嫌ならまたお金を払って裁判にするのか、離婚を選んだらという事を言ってきます

 

そういう中で、それなら自分でブス女に話しをしたいと思っても、自分の弁護士が必死に
止めます

 

なぜなら、ブス女の弁護士に

 

『弁護士が付いていて、依頼人が勝手に動くなんて』

 

とクレームを受けて、最悪は資格剥奪になるケースがあるのを恐れるからです

 

要は自分の弁護士が、足かせになる可能性があるのです

 

もし自分で行う場合は、慰謝料も自分で決める事になりますし、対決した時にはブス女に
思いの丈をぶつける事になりますから、一番自分が納得する事になります

 

しかし、誰もやった事がないわけですから、それをやるには大きな不安が出ます

 

いつどこでどのように直接対決するのか、わからなくて当然です

 

カウンセリングではそういう相談者の状況に、具体的に対決のシミュレーションをして
ブス女にぶつける言葉もロープレをしています

 

また、ブス女に書かせる念書をお渡しして、この対決に集中してもらうのです

 

私の相談者の実例では、離婚せず300万から500万の慰謝料を取る方も珍しくありません

 

慰謝料請求以外にすべき事

 

 

慰謝料請求をしたとして、妻の気持ちが晴れるのかと言えばそれはそうではありません

 

むしろ、それで晴れるというケースは稀です

 

なぜなら、そもそもその受けた苦痛をお金に換算する事自体に無理があるのです

 

では、仮に慰謝料請求をした妻は他に何をすべきなのか

 

それには、ブス女の親や兄弟や職場にも伝える事が出てきます

 

やはり、お金を払って終わりでは正直おある程度お金を持っているブス女にとっては
痛くも痒くもないのです

 

そう考えると、妻が

 

『ブス女の家族にもこの実態を知らせたい』

 

と思うのは当然の事です

 

それを知らせる事で、ブス女はビビるわけです

 

カウンセリングでは、妻という立場での慰謝料請求だけでなく、一人の社会人としての
自分がすべき事を、具体的にアドバイスします

 

ブス女の親兄弟や職場に伝えるのであれば、どういうシチュエーションでどういう説明
で伝えるのか、ロープレをしています

 

弁護士の中には

 

『名誉棄損になるのでやめた方がいい』

 

というケースもあります

 

しかし、それは自分が担当した時の事をそうてして言うのです

 

もし担当していても、

 

『私が知らなかった事にしてくれたら、やっても構わない』

 

という弁護士も数多くいます

 

つまり、自分が担当していて第三者に漏れたら自分の立場がまずいという思考ですから、
要は自己保身で言っているのです

 

そうでなければ、構わないと思っています

 

例えば、有名人の不倫を週刊誌に暴かれて、出版社が名誉棄損になるのかという事です

 

逆に、世の中に知らしめる事で、このアホな不倫の終焉を迎える可能性が高くなるのです

 

アホな夫との夫婦を見直す

 

 

このように、夫の不倫に対処をした後は、それで全て終わりではありません

 

今後の夫婦をどうするのか

 

もちろん、その中には離婚を考える方もいます

 

しかし、私の相談者のケースで言えば、95%は離婚しません

 

なぜなら、せっかく戦って強くなった自分がいるのです

 

その自分をこの夫婦で試そうと思うからです

 

それまでの弱い自分であれば、何もできないままです

 

しかし、しっかりと戦った後の自分は

 

『私が夫婦を引っ張る』

 

という気概が出てきます

 

カウンセリングでは、その戦う所から夫婦の主導権を握るところまでフォローをして
います

 

その中で相談者も、この夫の不倫を夫に預けていた自分をやめる転機にします

 

夫がサラリーマンであろうが自営であろうが何であろうが、不倫は発生するのです

 

その時に、ただ茫然としているだけではなく、自分の家族だけではなく

 

‘世の中の人のため‘

 

に戦う意識をもってもらうのが、カウンセリングです

 

 

まとめ

 

 

夫の不倫が起こると、どうすればいいのかわからないと思うのは誰しも同じです

 

自分の中では、一番不倫に遠くにいるはずの夫ですが、現実は真逆の事が起こっている

 

しかし、私の相談者の実例でも珍しい事ではありません

 

そこから、

 

『私が悪いわけではない、悪いのは夫とブス女』

 

という認識を強くして、正義感を持って臨む事が必要です

 

それには、一人ではなかなか難しい事ですから、カウンセリングで多くの味方を
作って貰いながら、一緒に行動していくと必ず状況が変わっていきます

 

そのためにも、まずは勇気を持って無料相談いただく事からのスタートです

 

 

不倫(浮気) がバレても別れない夫の心理と妻としての対処法とは

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら