夫とブス女の不倫にどうすればいいかの答えは【悔しい思いをしたくない】だけ

怒り憎しみを出す

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

毎日夫の不倫に悩む相談者に接していますが、どうしても夫の言動に右往左往している
状況が続きます

 

その状態は、日々心身の消耗を引き起こしているわけです

 

不倫は結果論で自分に原因がある流れを勝手に作ってしまう

 

 

何をしても

 

  • 『私が悪いんだ、夫がこんな事になるのは私のせい』
  • 『夫は私に愛想を尽かしたんだ、もっと優しくしておけば』
  • 『こんなに嫌われていたんだ、どうすればいいのか』

 

という、不倫は結果論で自分に原因があるという流れを勝手に作ってしまいます

 

それはどこから来るのかと言えば、突然

 

  • 『俺はもうお前の事は好きじゃない』
  • 『俺とお前は無理、何を言っても俺はもう無理』
  • 『俺はとっくの昔に決めているから、早く別れてくれ』

 

という、夫の冷たくも辛辣な言葉です

 

その言葉を聞けば、誰でも

 

『私だけが夫婦はうまくいっていると思っていた、夫は違ったんだ』

 

という思いになるのは当然です

 

そうなれば、夫が基準で自分がその基準に達していないという自分を責めるような構図に
流れてしまうのです

 

不倫は結果論で自分に原因があるという流れを勝手に作ってしまう

 

 

そこから、どうすればいいのか

 

どういう自分を作るべきなのか

 

そのまま夫に対しての感情が

 

  • 『あなたの事を愛している、私が悪かったからもう一度チャンスをください』
  • 『私が至らない妻だった、あなたを苦しめてごめんなさい』
  • 『あなたに嫌われる事だけはイヤ、はあなたに見捨てられたらどうすればいいの』

 

という方向に行っているうちは、この不倫の実態に気付いていません

 

それでは、自分を理不尽に下げる事も当たり前です

 

しかし、現実は夫とブス女は妻である相談者に

 

‘弱くなってほしい‘

 

わけです

 

なぜなら、このバカ二人にとっては一番怖いのは

 

‘強い妻‘

 

なのです

 

そこになかなか気付けないのが、相談者の心理です

 

自分が強かった事で夫は不倫に走ったという勘違い

 

 

逆に

 

  • 『私が強かったから、夫は嫌だったんだ』
  • 『夫はいつも私にいろいろ言われて、それがムカついていたんだ』
  • 『夫婦に謙虚な気持ちでいない私に愛想尽かしたんだ』

 

 

というように、自分が強かった事で夫は不倫に走ったという勘違いをしているのです

 

その勘違いが、夫とブス女が

 

 

  • 『そうそう、お前が悪いんだよ』
  • 『奥さんが悪いのよ、あなたは悪くない』
  • 『俺たちは悪くない、夫婦は終わっていた』

 

というように、その状況を一番喜んでいるのです

 

それを想像できるかと言えば、なかなかできないわけです

 

あなたが自分を責めると、あのバカ二が喜ぶのですよ

 

 

だからこそ、カウンセリングの中でこのバカ二人の実態を解説するのです

 

  • 『あなたが自分を責めると、あのバカ二が喜ぶのですよ』
  • 『自分を責めても何も現実は変わらない、そこに気付いてください』
  • 『不倫の原因を自分と思っているうちは、ただただ苦しむだけです』

 

というような話をします

 

それを聞くと、相談者も

 

  • 『自分が悪いとばかり思っていました、それを聞いて少しホッとしています』
  • 『私も自分が悪くないと思っていたのですが、夫に言われると私が悪いんだと
    思わされていました』
  • 『相手のブス女が私を笑っているのですよね』

 

というように、自分がバカ二人に操作されていた事に気付きます

 

何を一番しなければいけないかは悔しい思いをしない事だけ

 

 

その相談者に、何を一番しなければいけないかをアドバイスするのです

 

それは

 

‘悔しい思いをしない‘

 

という事です

 

  • 『実態を後から知って、何でわからなかったのかと思いたくないでしょう』
  • 『何でやらなかったのだろうか、と後悔したくないでしょう』
  • 『勇気が足りなかっただけで、済まない自分が想像できるでしょう』

 

というように、自分がやるかやらないかで大きく人生が変わる事をイメージしてもらう
のです

 

そこから、自分の思考や行動を変えていくのです

 

  • 『私の人生、私が納得しなければ意味がない』
  • 『誰もやってくれない、私がやるしかない』
  • 『後悔なんて絶対にしたくない、私は自分の思いで動く』

 

と、それまで自分で自分を責めていた事が本当に無意味だった事を改めて感じます

 

私を弱らせようと思っても無駄私は絶対に許さない

 

 

そして、そこから夫の暴言や態度にも

 

  • 『どうせブスに言われているからでしょう』
  • 『私を弱らせようと思っても無駄、私は絶対に許さない』
  • 『こんな事に騙されていたんだ、本当に腹立たしい』

 

という思いが沸き起こります

 

そこから、過ぎるくらいのアドレナリンを出すのです

 

それをカウンセリングの中でコントロールしながら、このバカ二人の実態にメスを入れる
作戦を立てていくのです

 

それまでは、夫に気を遣ってまさに

 

`腫れ物に触る`

 

ような自分でしたが、一旦このバカ二人の魂胆が見えてくると

 

『私にケンカ売っているだけ、しかもコソコソと言っているだけ』

 

と、本当に小芝居で自分を騙そうとしていた事に憤りを覚えるのです

 

やらなくて後悔しないか

 

 

そこから、自分が起こす行動は

 

`やらなくて後悔しないか`

 

という基準に変わってくるのです

 

『こんな事やると、夫に嫌われないか』

 

なんて思っていた自分が

 

  • 『これをやらなくて、納得なんてあるわけない』
  • 『これ位、やらなければ気が済まない』
  • 『もしやらなければ、自分が自分ではない』

 

という思考に変わっているのです

 

もちろん、すぐに全て迷いなくできるわけではありません

 

しかし、どの相談者も少しずつ行動に移す勇気が出てくるのです

 

なぜなら、

 

`やらない自分`

 

が、何も希望を持てない事を想像できるからです

 

今までグッと堪えていた事を自分で解放してやる

 

 

今までグッと堪えていた事を、自分で解放してやるのです

 

すると、自分でも想像していなかった事が現実になるのです

 

『こんなにも自分にパワーがあるなんて、思ってもいなかった』

 

というような、未知の自分を知る事になるのです

 

その感覚を後押しするのは、

 

‘後悔したくない

 

という一心です

 

それをどの相談者も心の奥底には持っているのですが、アホな不倫脳のバカ二人の愚行に
封印されてしまっていたのです

 

その封印を解くのが、カウンセラーの木村泰之の使命です

 

やはり理不尽を受けた人間というのは、どこかで憎しみや怒りが溜まっています

 

放出できない時間が長ければ長いほど心身に悪影響を及ぼす

 

 

しかも、それを放出できない時間が長ければ長いほど心身に悪影響を及ぼすのです

 

その状態で来る相談者に、

 

  • 『ここで我慢しても何も意味がない、今こそしっかりと自分の思いを行動にして』
  • 『何をしても楽になる事はありません、自分が納得する事が全てですよ』
  • 『自分が後で何を言っても、誰も聞いてくれる人はいませんよ』

 

という事をお話しします

 

すると、何をしてもこのバカ二人よりも悪い事なんてしていないと腹が決まるのです

 

そこに思いが辿り着くと

 

『私は悔しい思いだけはしない、これからの人生で後悔はしない』

 

という事が、全ての行動基準になるのです

 

後でやっておけばよかったなんて絶対にしない

 

 

それまでの人生では

 

‘夫のために尽くす‘

 

というような行動基準があった自分が、その基準を自分の心の内に変えるのです

 

『後でやっておけばよかったなんて絶対にしない』

 

という基準に変えるのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら