不倫(浮気)をLINEで発見した場合にどういう対処をすればいいのか

夫のLINEを見た時

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

夫の不倫(浮気)に悩む相談者は、毎日全国どこかで発生していますが、どうしても
その状況
に何をしていいのかわからなくなります

 

相談者は、それまで真面目に生きてきている方ばかりですから、夫の不倫(浮気)と
いう悪事
に対処が慣れているはずがありません

 

しかし、現実は現実ですから、何かをしなければいけないという強迫観念に駆られて
しまいます

 

その中で、どうしても証拠を撮りたいという思いは皆さん強く出てきます

 

そもそも、夫の不倫(浮気)を発見するパターンとしては、ある時何気なく夫の
スマホが開いて
いて、LINEのメッセージのポップアップを見た事で、

 

『え、まさか、ウソうでしょう』
『何これ、ひょっとして』
『これって、不倫って事?』

 

という方は少なくありません

 

 LINEでどこまで不倫(浮気)の証拠になるのか

 

 

そもそも、偶然発見した夫とブス女のLINEメッセージはどこまで不倫(浮気)の証拠
になるのか

 

よくあるのは

 

『この前は、すごく楽しかった♡』
『美味しかったです、ご馳走様、また会いたいです、絶対に(。・ω・。)ノ♡』
『一緒にいて本当に幸せ、死ぬまで一緒にいたい(^ε^)-☆Chu!!』

 

の様に、妻である相談者から見れば

 

『絶対に普通の関係じゃないじゃない』

 

というやり取りです

 

しかし、これでは仮に問い詰めたとしても

 

『別に親愛を込めた表現、男女の関係でも何でもないし』
『こんな事くらいで、疑うのか、別に何でもないのに』

 

と、シラを切る可能性が高いのです

 

なぜなら、肉体関係を連想できるものではないからです

 

例えば、LINEの中に添付で裸で抱き合う夫とブス女の動画が出てくる事があります

 

ブス女の顔もしっかりと映っていれば、それはもう誰が見ても100%OKになります

 

また、

 

『いつもの○○ホテル、20時で、今日は泊まれるから』
『この前泊まった○○旅館のごはん、本当に美味しかった!』
『またあそこがうずいてきた、早く会いたい、早くやりたい』

 

というように、肉体関係を連想させるやり取りがあると、決定的とは言えなくても
かなり有効になるはずです

 

 夫の不倫(浮気)をLINEで知ったらどうするか

 

 

このように、夫の不倫(浮気)を疑うようなものや、そのものズバリの証拠がLINEから
出て
きたらどうすればいいか

 

スマホを見た時のシチュエーションにもよりますが、なるべくLINE画面を写メで撮る事
が大事です

 

もちろん気が動転していますし、うまく撮れるかわからないと思っていても、とにかく
トライしてみる事です

 

夫が隣で寝ていたり、すぐにシャワーから上がりそうで、シャッター音が気になるよう
であれば、画面をスクロールさせながら動画で撮った方がいいケースもあります

 

もし、その場で撮れなくても、警戒が緩い時に取る準備をしてトライする事が大事です

 

その時には、一度に撮る事を考えずに、何回か分けて無理しない事です

 

 不倫(浮気)のLINEを見た場合のNG行動とは

 

 

夫の不倫(浮気)をLINEで発見すれば、誰でも手が震える位に動揺するのは当然です

 

しかし、そこに出てくるブス女とのやり取りは、少なくとも

 

‘ただならぬ関係‘

 

を想像させるものです

 

それを見つけた際に、やってはいけない事もいくつかあります

 

LINEをすぐに削除する

 

その内容があまりにもムカつくもので、つい感情的になったり気持ち悪いと削除する
方もいます

 

もちろん気持ちはわかりますが、アカウントは夫のものですから、それはやっては
いけない事になります

 

そして、何よりも消した事に気が付いて、スマホをロックしてしまい、その後の二人
のやり取りがわからなくなってしまいます

 

LINEを見てブス女に連絡する

 

あまりにも蜜月なやり取りを見れば、妻としても腹が立ってそのままブス女に連絡する
というケースもあります

 

もちろん、夫のスマホですから、かけたらブス女が出てきます

 

そこで

 

『妻ですけれど、もう絶対に連絡してこないで下さい』

 

というような事を伝えても、しょせん電話ですから

 

『別に奥様の想像しているような事はしていません』
『すみませんでした、もう連絡は取りませんから』
『私の方も迷惑していたところです、連絡いただいてちょうどよかったです』

 

と、その場しのぎの事を言って切ります

 

そして、そこからブス女が引くはずもなく、ほとぼりが冷めると水面下で続くのです

 

LINEを見た事を夫に言う

 

もう一つNGな事は、偶然とは言え、LINEを見た事を夫に言ってしまう事です

 

見てしまった事の後ろめたさはあるのは確かですが、その内容がそれほど問題ない事
であれば、

 

『ごめん、ちょっとスマホが開いていたから見えちゃった』

 

という事を言っても、それほど問題はありません

 

しかし、それが不倫(浮気)を連想させたり明らかなモノであれば、慌ててはいけません

 

そこから真相解明につながる事ですから、夫に伝えずにぐっと我慢する事が大事です

 

夫のスマホのLINEを見てもいいのか?

 

 

ある時偶然見た夫のLINEから、不倫(浮気)の実態が分かったとします

 

しかし、それはあくまでも偶然の産物です

 

そこから、不倫(浮気)の証拠を掴むために夫が知らない間に見て知りえた情報が証拠
になる
のかという事です

 

日頃、私も数多くの相談者から、そういうLINEの写メを見ています

 

もちろん、相談者としては驚きやショックとともに

 

『こんな事をやっている、これが不貞の証拠になるか』

 

という思いです

 

それを相談者が弁護士に見せると、勝手に見たという違法性を言う事は全くと言って
いいほどありません

 

それが、ロックを解除してから見たとしてもです

 

そこには、

 

‘夫婦という関係性‘

 

という事と

 

‘不倫(浮気)の実態解明‘

 

という事が、それを許容しているという事です

 

逆に、現実それで不倫(浮気)の証拠にならないようであれば、妻は何をどうすれば
いいのか、
という事にもなるのです

 

仮に不倫(浮気)を司法で裁く場合は、民事事件の範疇で刑事事件ではありません

 

正直、民事と刑事では、その証拠の出所とか状態や条件などはかなり違います

 

裁判所も

 

『不貞(浮気)は民事事件だから、夫のスマホからの証拠も認めている』

 

という実態がありです

 

私の相談者も裁判にするケースも多々ありますが、夫のスマホからの情報を証拠として
採用されない人はいないのです

 

LINEの内容で不倫が本当だった場合どうするか

 

 

そして、LINEの内容で不倫(浮気)の実態が真実だったとします

 

それを持っている相談者は、どうすればいいのでしょうか

 

もちろん、それだけでは証拠としては心もとな意という思いも出ますので、慌てては
いけません

 

実際、LINEだけではブス女の氏名や住所などがすぐにわかるケースは少ないのです

 

そこから、このブス女の素性を探る事が必要になってきます

 

では、何をすればいいのか

 

LINEの写メのバックアップ

 

 

夫の不倫(浮気)の実態をLINEで知って、手が震えながら慌てて写メを撮るところまでは
頑張った
とします

 

そこから、その写メをUSBメモリとか、誰かにメール転送などでバックアップをしておく
事が大事です

 

自分のスマホだから大丈夫と思っていても、何かの拍子で夫に気付かれ、スマホを壊され
てしまい、復元できないというケースも実際に起こっています

 

逆に言えば、それ位夫としては撮られたくない証拠という事になりますから、絶対にその
写メのバックアップを取る事は必須になってきます

 

夫の持ち物を確認する

 

夫のカバンや財布や、車の中にも、何か手掛かりがないかを調べる事です

 

今までは見た事がないという相談者も少なくありませんが、その分夫の警戒心も薄いと
いう裏返しです

 

よくあるのが、食事のレシートやラブホのカードや避妊具、またブス女からの手紙や
プレゼントや髪の毛、クレジット明細なども大きな手掛かりになります

 

そこから、一つ一つのものが繋がってくる事はよくあります

 

夫の行動把握をする

 

そして、それまでは信じて疑わなかった夫の行動を把握することも大事です

 

一歩家を出ると、会社に行って家に帰っているとしか思っていません

 

しかし、実際にはブス女と密会できる時間があるという事です

 

電車で会社に行っている夫であれば、交通系ICカードの乗降履歴をチェックする
事も必要です

 

家と会社以外の駅で、頻繁に乗り降りしている実態もよくあるケースです

 

そこから、ブス女の家や職場のエリアがわかってくる事もあります

 

また、車で通勤していたり、休日に一人で出かける事のある夫には、車のナビやETCの
履歴を調べる事で、行動がわかってきます

 

不倫脳夫の中には、よく日記をつけている事も少なくありません

 

それを見ると、ブス女への思いや妻への気持ち、もしくは離婚に向けての弁護士に接触
した事もあるような経緯を書いている事もあります

 

そういうものも、夫の行動を知る大事な情報になります

 

LINEの証拠により夫と不倫ブス女にどうするか

 

 

LINEに端を発して、いろいろな証拠を掴んだら、次に夫とブス女にどうすればいいのか

 

様々な情報をネットサーフィンで探し、弁護士にその証拠の有効性を確認して、慰謝料
請求する流れを書いているケースが多いわけです

 

もちろん、その慰謝料請求権を持っているわけですから、行使するのは相談者の自由です

 

しかし、その前にこの不倫という悪事への対処をしっかりと総合的に決める事が大事です

 

つまり、慰謝料請求は対処のほんの一つでしかないわけです

 

やはり、この不倫(浮気)をやめさせたいというのは当然の思いです

 

しかし、慰謝料請求をすればそれで不倫が終わるとは限りません

 

もっと言えば、私の相談者のケースでもそれで終わる方が少ないのが現実です

 

要は、この不倫に終わらせる事ができるのは、誰もいないのです

 

では、世の中の不倫は終わらないのかと言えばノーです

 

どんな不倫でも、必ず終わりが来ます

 

それには、慰謝料請求だけでなく、妻である相談者がバカ二人にプレッシャーをかける
事が重要になってきます

 

私の相談者も、様々なアクションを起こして不倫を放置しない決意をします

 

もちろん、そこには時間もエネルギーを必要ですが、カウンセリングを受けて粘り強く

 

‘根負けしない‘

 

というメンタルで臨んでいます

 

要は、不倫(浮気)を終わらせる事に躍起になっていてはいけないのです

 

慰謝料請求も、

 

『これは私の権利だからやっているだけ

 

という意識です

 

慰謝料請求以上に、妻としてのプライドの回復とか、子供さんの不安を解消するために
行動を起こすことが必要です

関連記事

不倫の仕返しの中でブス女が絶対に嫌がる事でかつ効果的な方法

 

ブス女にLINE上で慰謝料請求や示談をしようとすると

 

ただ、どうしても相手のブス女とは会いたくない、接触したくないという方もいます

 

そういう方は、先述のようにLINE上でブス女に

 

『もう会わないでください、迷惑していますから』
『これ以上接触すると、慰謝料をもらいます』

 

というような意思表示をしようと考える事もあります

 

普通は、それ位の事を言えばビビってやめると思っているからです

 

しかし、それをやっても、先述のように水面下で続く事が殆どです

 

令和のブス女は、そんな事ではひるみません

 

むしろ、余計に闘争心を燃やしてくるのです

 

LINEで慰謝料請求や示談は現実的ではない

 

もし仮に、LINE上で慰謝料請求や示談を試みたとして、そこにブス女から

 

『わかりました、奥さんの言うとおりに支払います』

 

というように返信が来たとします

 

それをうのみにしていても、結局ブス女は夫に言って弁護士を雇って

 

『奥さんに不当に脅されている』

 

というように言って、突然弁護士から来るのです

 

正直、弁護士は

 

‘朝は被害者で午後は加害者の味方‘

 

をする職業です

 

こんなブス女でも、金を払った人間の味方をするのが弁護士です

 

そういう意味では、ブス女にLINEで慰謝料請求や示談をやっても、時間の猶予を与えて
しまうだけで、こちらがバカを見るようなケースが非常に多いのです

 

不倫(浮気)でカウンセラーに相談するメリットとデメリット

 

 

このような中で、相談者はどうすればいいのか迷うのは当然です

 

そういう時に、カウンセラーに相談するという事も選択肢に入ってくる方は少なく
ありません

 

カウンセラーに相談するデメリット

 

 

カウンセラーと言っても、その考え方によっていろいろな事をアドバイスします

 

正直、全く真逆の事を言うようなケースも多々あります

 

あるカウンセラーは、

 

『良妻賢母を目指して、ご主人を大事にして』
『愛れ妻になって、男は愛される事が一番うれしいから』
『不倫(浮気)は目をつぶって、あなたは優しい妻だけを目指して』

 

というような事を言います

 

それを聞いて、

 

『私はそれを頑張って、夫の心を取り戻す』

 

という人は、それをやればいいのです

 

しかし、それでは嫌だという方は、他の考えのカウンセラーにアドバイスをもらう
べきです

 

このように、自分に合うカウンセラーというものを選ばなければ、苦しさが余計に大きく
なりますし、正直時間精神的にもお金もエネルギーも大きな無駄になっていきます

 

それが最大のデメリットになります

 

そいういう意味では、自分の納得を一緒に作ってくれるカウンセラーを選ぶ事が一番大事
になります

カウンセラーに相談するメリット

 

もし、様々なカウンセラーの中で、

 

『私はこの人の考えが一番納得する、この人にアドバイスをもらいたい』

 

と決まると、そこからそのカウンセラーは本当に心強い味方になります

 

今まで、自分を責めていたり、状況を打破できないままで苦しんでいたところから
アドバイスを聞いて

 

『これをやってもいいんだ』
『この考えで進めてみよう』
『これは絶対に行動にしよう』

 

というように、自分の生き方を否定しないように思考が変わっていきます

 

そう意味でも、カウンセラーに相談するメリットは

 

‘自分の人生のナビ‘

 

を付けるようなイメージです

 

特に、夫の不倫(浮気)を知れば、誰でも苦しみや悲しみが出るのは当たり前です

 

その深くえぐられた気持ちを、

 

『ここから強くなって、自分を変えるチャンスにしましょう』

 

という、人生のターニングポイントになります

 

夫の不倫(浮気)をやめさせるという小さな事ではなく、これからの人生にトラブルが
あっても

 

『夫の不倫を乗り越えた事を思えば、なんて事ない』

 

という自分ができるのです

 

それを一緒に作っていく事が、カウンセラーに相談する最大のメリットでもあり一番
の意味でもあります

 

まとめ

 

このように、夫のLINEから不倫(浮気)がはかっくした場合、その証拠を固める事も
大事
ですし、そこからどういう動きをするかも、考えていく事になります

 

そのなかで、頭に思いつく慰謝料請求だけを考えていると、全体像が見えなくなって
しまい、
現実が自分の考えていた事と全く違う方向に行く事もままあります

 

そうならないように、慰謝料請求に特化した弁護士を使って動く前にカウンセラー
と、その全体像を掴んだ動きを、シミレーションをする事をお勧めします

 

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら