不倫ブス女を暴いてよく寝れるよねと夫を軽蔑するのが私の相談者

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者は夫の事を
いくら客観的に見ようと頑張っても、それまでの夫婦の関係が身に沁みついて
いるので、夫に何か言われると鵜呑みにしたり、動揺する自分がいます

それは裏を返せば夫に対して、しっかりと妻をやってきたという事でもあります
人間がある一人の言う事に大きく影響されるというのは、それなりに自分をその
人に預けている証拠です

『夫に言われるとそうかなと、すぐに信じてしまうんです』
『私が言っても夫に否定されると、やっぱり自分が間違っていたのかなと思って
しまいます』

というように、自分が何かを言ってもそれを夫から後からかぶせて言われたり、
否定されるとそれが基準になってしまうのです

しかし、よく考えると夫は不倫をしていますから、不倫ブス女と毎日ラインや
会話をしているのです
つまり、日常が不倫ブス女と結託して

‘妻対策の思考‘

なのです

『奥さんがこう言ってきたらこう返したほうがいいわよ』
『あなたがへこへこする必要はない、奥さんはお気楽に暮らしているんだから』
『私ならあなたをもっと優しくしてあげるのに、奥さん冷たいよね』

と、自分と妻の比較を刷り込んでいるわけです
そこに妻が夫に疑心暗鬼に話をしても、不倫ブス女の塾で学習しているわけです
から、涼しい顔でうそをつけるわけです

カウンセリングで、相談者が夫を信じ切っているリスクと不倫ブス女が陰で付いて
いる事で2:1になっている実態をしっかりと解説します
最初は

『でも夫は私には嘘をついていないと思うんですけど』
『私が見る限り夫は正直に話しているんですが』

と言っていた相談者も、徐々に情報を掴んだり事実がわかってくると

『もう夫には騙されません、本当に腹が立つ』
『絶対にこの言葉は不倫ブス女が教え込んでいます、普段私にははこんな事は
言いませんから』

と、全然違う事を言うようになってきます
それは夫という教祖からの洗脳から抜け出た元信者のような表情です
あとは不倫ブス女という教祖にアホになっている信者の夫に対して

『こんなエセ教祖、私が暴いてやる』
『こんな女に入れ込まされている自分のアホさを思い知らせてやる』

と、行動に移して見せる事なのです
そしてしっかりとこの不倫ブス女のみすぼらしくも気色悪い正体を明かして

『あんたよくまあこんな女と寝れるよね』

と、しっかりと軽蔑の目を夫に注ぐのが私の相談者なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

関連記事

不倫夫と不倫ブス女に対して人としてのレベルの差を明確にする

 

夫婦問題レスキュー隊相談者座談会風景動画

木村泰之のカウンセリングの考え方

 夫の浮気で相談する順番は①カウンセラー、②調査会社、③弁護士

全国の多くの相談者に交流会、座談会、木村塾など

で元気を交換していただいています(画像集)

夫の浮気、旦那の不倫、夫の裏切りを疑っている方

のための10のチェック項目(ぜひ確認してみてく

ださい)

夫の浮気 旦那の浮気 離婚修復 夫婦の会話ワンポイ

ントアドバイス動画

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA