過去をお金にする弁護士に今後の夫婦を聞く大きな勘違いに気付く

弁護士は夫婦の専門家ではない

公開日 2018年2月22日 最終更新日 2021年1月27日

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとって夫の
不倫をどう対処していいのかわからないままでいると、自分の知識の中では弁護士
に相談する方は少なからずいます

『とにかく今の自分が離婚されないようにするために弁護士に聞いてみよう』
『夫の不倫をやめてもらうために、弁護士に聞けば何かわかるかも』
『弁護士を立てたら夫も冷静になって不倫をやめてくれるかも』

というような感覚で行くのです
そしていざ弁護士に行くと

『あなたは離婚する気はないのですか』
『言っちゃ悪いけど、僕ならこんな夫なら離婚するけど』
『夫婦は修復は難しいと思いますけど』
『夫婦を続けて意味あるんですか』

と、聞きたかったのは

‘どうしたら不倫をやめてくれるのか‘
‘どうしたら女と別れてくれるのか‘

だったはずなのに、逆に

‘離婚すべき‘
‘修復は難しい‘

と何だかダメ出しをされて失意のどん底に陥るパターンが毎日全国で繰り広げられ
ているのです
なぜそうなるのいえば、

‘弁護士は相談者の夫婦の考えについて答えを持ってない専門家‘

だからです

ちょっと考えればわかりますが、弁護士は法律の専門家です
決して夫婦の専門家ではないのです

相談者が抱えている悩みに決して独身では対応できないとは言いませんが、弁護士
も最近は若い方も増えていて、夫婦のトラブルに対応した事のないという独身が
相手になる事も少なくありません

しかも弁護士の関心事は

‘いかに報酬が取れる案件か‘

です

つまり、離婚してもらう方が自分の知識を活かせて報酬も多いわけです
そういう専門家に

『何とか夫と女を別れさせたい』

と持ち込んでも、正直体育で実技ができなくて困っているのに理科の先生にできる
方法を聞いているようなチンプンカンプンな状態なのです

弁護士にできる事は、

‘過去に起こった人間や社会のトラブルの被害をお金に換算する事‘

です
しかし、相談者が望んでいる事は

‘これからの夫婦をどうにかできないか‘

という事です
過去に起こっている事を相手にしている弁護士に、これからの事をどうにかしたい
と言っている、自分の大きな勘違いに気付いてやめなければいけないのです
そういう事を回避するのも、世の中を知らなければいけないという事です
相談者には、

‘夫婦の事をどうにかするという事=世の中を知る事‘

と説明します

最初はポカンと聞いている相談者も、アドバイスを実行してもらえばもらうほど

『世の中の仕組みを知る事が大事とつくづく思います』

という言葉が出てくるのです

弁護士も何をする専門家なのかという事をよくよく理解すれば、自分の置かれた
状況に、
すぐに飛付く青手ではない事もわかるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら