夫とブス女が別れるなんてどうでもいいキッチリ償わせる事が全て

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の中には夫に対して
いろいろとわからせたいという気持ちでカウンセリングに来る人は少なくありません

『どうしたら夫は不倫をやめてくれるのでしょうか』
『夫には何を言えば私の事を理解するのでしょうか』
『夫には反省してもらいたいのです、何を言えばいいでしょうか』

というような感覚で聞いてきます

それに対する私の答えは

『まさかバカなオッサンを変えようとしていませんか、あなたに変える力がありますか』
『夫をコントロールしたいと思っていませんか、あなたは逆に夫の言う事を聞きますか』
『夫を変えさせようとすると夫はその逆をやる事を今までの人生で見てきているでしょう』

と、当たり前の事を言います
相談者の気持ちはわかりますが、私からすると

`頭大丈夫ですか`

という位の心境です

なぜなら、いい歳こいたオッサンに何を言って反省させる事ができるのか
そんな自信があるのかという事です
最初はそう言って質問してきた相談者も

『そうですよね、私が夫を変えるなんて無理です』

と、自分がとんでもない見当違いな事を質問していた事を悟ります
そこにあるのは、他力本願な自分です
例えば子供が

『俺は一番になりたいけどあいつにはかなわない、どうにかあいつをやっつけたい』

と言ったとしたら、親として

『人は人でしょう、あなたは自分ができる事をすべきでしょう』

と諭すはずです
それと同じで、夫の不倫をどうにかしたいのは誰でも思う事です

しかし24時間夫を監視できないですし、仮にできたとしても夫がブス女に会う事を阻止
できるわけではないのです
では何をするのか

‘人として当然の事をする‘

だけです
夫の不倫をやめさせたいのは願いです
しかし、できる事はその悪事を糾弾する事です
私の相談者はそれを理解すると

『夫がブス女と別れる事なんてどうでもいい、ただこのバカ二人にはキッチリと償いをしてもらう
だけ、それが私のできる事

という事を言葉にするようになります
自分ができる事は無理くり別れさせるなんて事ではなく、世の中にこの悪事を白日の下にさらす
位の正義感が出てきます
それこそ、

‘自分の納得‘

なのです
自分は世の中の人と同じでダメなものはダメと言い続ける、それでやめるかやめないかはバカ
二人の羞恥心や社会的立場がまずいと思うかどうかという頭の整理がつくのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら