不倫夫と修復したいではなく犯罪者にけじめをつけたい思考が先

不倫という犯罪にけじめ

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、カウンセリングの中で
私のアドバイスがよくわからないという反応がある時が少なからずあります
それは、一番最初のセッションの中で起こるわけです

なぜ相談者はよくわからないという心理になるのかと言えば、考えているポイントが
私と相談者で大きくズレているからです

それを私はよくわかっていますから、そのズレを矯正する言葉を数多く発します
その言葉を聞いていても、相談者は

‘?‘

という表情や声を出します
ではそのズレているポイントとは何か

それは

‘悩む対象‘

です
多くの相談者の悩んでいる対象は紛れもなく夫です
それはいきなりおかしくなっている夫を見て、悩まないはずはありませんし、
それを

『夫を見て悩むなんておかしい』

と言っても悩むものは悩むわけです
しかし夫の事で悩んでいるという事は、加害者を被害者がおもんばかっていると
いう言い換えでもあります
そもそも犯罪を犯しているのは夫とブス女です

世間から見ると白い目で見られるわけで、その犯人を被害者である妻が

『ごめんなざい、私が悪かった』
『あなたとやり直したい、悪いのは私だから許して』

という、かなりいびつな態度を出しているのです
そしてその犯人が自分に対して優しくしてくれない事に悩んでいるのです
そんなバカな事を何も疑いもなく続けているのです

それをズレていると言わずして何と言うのかと言う事です
最初のセッションでは相談者は

『夫と修復したいです』
『とにかく別れたくないのです』
『また一から二人で頑張れるようになりたい』

という事を実現したい一心です
しかし、それは不倫という犯罪に対するみそぎやケジメをすっ飛ばしてとにかく
前のような関係を求めているという事になるのです
そんなバカな事があるはずもなく、

‘ダメなものはダメ‘

という事を被害者である妻が先に行動しなければ、永遠に夫の不倫はおとがめなし
という事になります
それで仲のいい夫婦を目指すなんてあり得ないのです

夫の不倫を夫婦を仲良く戻す事と引き換えに、どこかで許すというか、目をつぶる
とか、曖昧にしている相談者の思考に切り込んでいくのです
そこに最初のセッションでよくわからないという相談者の反応が出る原因がある

それをよくわかっている私からすると、大事な事を見落としているというが話ない
ままカウンセリングを受けてもらっても意味がないのです

自分と同様に不倫で被害を受けている子供やご両親やご親族の気持ちを差し置いて
夫と修復したいと言っているその思考の矯正が絶対に必要なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら