夫の不倫に無意識に流れる涙さえもコントロールの対象にする意識

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私はカウンセリングで
数多くの方にお会いしているわけですが、それと同時に数多くの涙を見ています
しかも、その涙は知り合いや知人ではなく初めて会う方が流す涙です

その涙には苦しさや憤りや悲しさ、憎さ、無力さなどが凝縮されているのです
その姿を見ますと、本当に人間のはかなさを感じるわけです
その涙を流す相談者は、

『本当に人生でこんなに苦しい事があるのか』
『私は何でこんな事になっているのか』
『何をいくらどうしてもダメなのか』

という思いしかありません
その姿を見て私がすべきは、慰める事ではないといつも考えます
すべきは

‘強くなってもらう事‘

しかないのです
その場しのぎに

『何とかなります、少し楽に考えていきましょう』
『泣きたい時には思いっきり泣けばいいです』

とは絶対に言いません
なぜならそういってその場を過ごしても、すぐにまた悲しみが襲ってきて相談者は
涙を流すからです
それをどうにかできないかをカウンセラーは考えなけれいけないのです
それを突き詰めると、

『涙を流しても状況が変わるわけではないですよ』
『涙を流すのもエネルギーがいります、エネルギーを無駄遣いしていますよ』
『流していいのはうれし涙だけですよ』

という言葉になるのです
要は泣く事を肯定したり許容するカウンセラーでは失格なのです
夫に不倫されて泣いている場合ではないのです
涙を止める唯一の方法は流す原因を根絶する事です

その原因は相談者を苦しめる夫とブス女を徹底的に糾弾する事です
相談者の多くは夫に優しくされない事で涙を流しているわけではないのです
涙を流すのは

‘自分がなにもできない‘

という存在感や主体性の欠如なのです
そこに

『あなたがしっかりしなければ何も変わらない』
『泣くと見守ってくれている親御さんやご兄弟、お子さんが一緒に弱ってしまいます』

というお話をします

そして必要なのは悲しみではなくて怒りや憎しみという事を伝えるのです
そこから相談者は涙を流している場合ではないという指令が頭から出るのです
自分のすべきは泣く事ではない、戦う事という明確な信念が出てくる

無意識に止めどもなく流れる涙さえも、コントロールの対象とわかるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら