不倫を隠すのは‘誰でもいいんでしょ‘と妻に冷静に言われる恐怖心

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私が相談者を見て
いつも思う事は何かと言えば、

‘自己肯定の大切さ‘

です
夫にいろいろ不満や文句をぶつけられて、どうしても自分を否定しています
そこに心身に大きなロスが出るのです
そもそも、夫が不倫をする原因は何か

それは

‘自分を抑制できない弱さ‘

です
結局性欲という本能ですから、そこは感情を抜きにして発生するのです
しかし、そこに妻以外の女と関係を結ぶと

『お前が優しくなかった』
『俺は寂しかったんだ』
『俺はもうお前とは無理』
『お前を女として見れない』

という、言い訳を並べます
それもこれも、性欲を我慢できなかったという事よりも

‘夫としての言い分‘

で自己防衛しているのです
そこに弱さがあるのです
なぜ言い訳やうそを並べるのかと言えば、言い訳しないと弱い自分に負けると思って
いるのです
思うというよりも、

『やばい、本当のことを言えば絶対に許してもらえない』
『こんな事がわかったら半殺しだ』
『隠し通すしかない、離婚される』

という恐怖心からです
その中では、真実を言う勇気なんてないのです
なぜなら、それ位後ろめたい自分をわかっているからです

『これを知ったら妻が怒り狂う』
『俺はひどい奴、絶対に許してもらえない』

という思いしかない
それでも誠心誠意謝ろうとはしないのは、謝って責められる自分を想像すると

『自分の意思の弱さを言われてへこむ』

という事を想像しているのです
そして、妻が半狂乱になるという事をわかっているからです
それをわかっていても不倫をしないやめられないのは

‘女とやりたい‘

という一心です
それが不倫の怖い所です
いろいろな相談者の調査報告書を見ても、本当にブスな女が出てきます
それを見て

『誰でもいいんだなと思いました』

という、冷静な言葉が出てきます
夫も結局

『妻から見るとそう思われる女とやっている』

と思っているのです
そこに隠さなければいけないという心理が強く働くのです

『誰でもよかったんでしょ』

と言われた時の羞恥心に耐えられないというのが夫の本音です

それを回避できない弱さを責められる事を、妻を責める事で自分を守るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら