自然災害もコロナも夫婦も今とこれからをどうするかが安心の定義

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む多くの相談者が求めているのは、一言で言えば安心です
不倫発覚する前の、心穏やかな生活に戻りたいという一心です
相談者からすれば当たり前だった生活が、遠く夢のような幻想のような状況に
感じます

『あれほど楽しかった夫婦なのに、何でこんな事になるの』
『私たちに何も不安はなかったのに、どうして』
『こんな事になったら、夫婦はどうなるの』

というような、茫然自失の自分がいます

その喪失感の中で、何が大事なのか

それは

`安心の定義を変える`

という事です

それは、今の世の中を見ればよくわかります
例えばコロナウィルスでも自然災害でも他国の脅威でも、数十年前と言わず
数年前と比べて格段に増えています

日本でノホホンと暮らしていても、それらの脅威はやって来るのです
しかも年々大きくなったり、強くなっているわけです
そこに

『昔はこんな事心配しなくてもよかったのに』

と、振り返っていても安心なんて生まれないのです

今とこれからをどうするかでしか、安心は生まれないのです
それを

‘夫婦だけは安全地帯‘

にしている自分をやめるのです

夫婦だろうが家族だろが、誰も守ってくれるわけではありません
自分が守るしかないのです
昔であれば

『これだけ考えておけば何とかなるだろう』
『これを越える事はそうそうないだろう』
『何も心配ない、対策はできている』

というような事も、今は

『想定外の事が起こるのが人生』
『今までの経験では間に合わない』
『これから起こる事は、何があっても不思議ではない』

位の心構えが必要です

心構えだけで足りるのかと言えば、それは100%ではないのは確かです
しかし、自分で勝手に安心している自分をやめるだけでも随分違います
夫婦は決して人生の保険ではないのです

あくまでも

‘孤独を回避できる仕組み‘

位で考えてもおかしくないのです

人間一人で生きていくのはなかなか寂しいのは、誰もが思う事です
それを回避するには、法律の中で夫婦という枠組みという考えでもおかしくない
そういう思考の転換をする事で、

『私の安心は私でなるべく作る』

という意識も強くなるのです

昔とは違うリスクや環境や人間関係の作り方から、自分が適応する自分に変えて
いくのです
夫は夫で自分は自分、という思考が今後の人生に強い生命力を生むのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら