カウンセリングは被害を最小限にしたいおっかなびっくりを取る作業

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む多くの相談者にとっては、自分がいつ何をどうすればいいのか
全く分からない状況に陥っています
しかし、その状況からの行動はとにかく

‘被害を最小限にする‘

という思考になっていますから、自分の中ではどうしても

『事を荒立てたくない、なるべく元に戻したい』

になっています

そうなると、自分が悪いという方向にもっていきがちです

『私が夫の事をもう少し優しく接しなければいけなかった』
『夫は私に愛想を尽かしている、だから外に目が向いているんだ』
『あんなに怖い顔は見た事がない、私が変わらなければ』

という、簡単に言えば一番現実から逃げている方法を選択してしまうのです
不倫という犯罪を知っているにもかかわらず、そこにはメスを入れないで

『私が悪かった、夫をこんな事に走らせている』

と、まるで非行を始めた息子を嘆く母親のようになっている

それで息子の非行が終ればいいですが、そんな事はない
未成年だろうが息子だろうが、

‘ダメなものはダメ‘

を言うのが大人であり親です

それを言わずに、自分の育て方が悪かったと言っても本末転倒なのです

不倫夫はもちろん未成年ではありません
という事は、逆に不倫をしている人間がいればとがめる立場です
もし会社の部下が不倫をしていれば

『お前は何をしているのかわかっているのか』
『こんな事をしていて、多くの人に迷惑をかけているのがわからないのか』

と、社会の目線で怒るはずです
しかし、それを自分がやっているわけですから何も言えないのです
それは、ブス女という共犯者がいるからです
ブス女に

『私たちが良ければいいでしょう』
『誰にも迷惑何てかけていないでしょう』
『私はあなたが好き、それだけ』

と、とにかく社会の目線を持たせないようにしているのです

その常軌を逸している夫とブス女を、妻である相談者が自分の被害を最小限に
しようとすればするほど、ますますつけ上がらせる事になるのです
このバカ二人にとって、一番嫌なのは妻がメスを入れてくる事です

夫にすがるという事は、その真逆をやっている事になるのです
その思考を変えるために、カウンセリングで相談者のおっかなびっくりを取る
のです

『妻が一番強いのですよ、それを証明しなければいけない』
『あなたがやらなければ、誰かやってくれるのですか』
『こんなバカな事を放置して、それがあなたの生き方から許せますか』

と、自分の中で影を潜めていた倫理や正義を掘り起こすのです
そこから、自分が一番やらなければならない事を認識してもらうのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら