不倫ブス女をまず叩く意味を伝えるのが木村泰之のカウンセリング

不倫ブス女を叩く意味

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃のカウンセリングの中で相談者に接しているわけですが、木村泰之自身がどういう
スタンスで臨む事が必要なのか
それは、そこから相談者に勇気が渡せるかという事に直結します

相談者はとにかく

『これからどうなってしまうのか』
『私はどうすればいいのか』
『何をしなければいけないのか』

という

‘?‘

マークだらけの頭の中です

仮に自分で考えて行動したとしても、すぐに

『これで良かったのだろうか』
『こんな事になってしまった、どうしよう』
『ここから先はどうすればいいのか』

と、心の中はすぐに躊躇と戸惑いが生じるのです
その中で、相談者が欲しいのは

‘自分のナビ‘

なのです

自分の知識や経験では、おおよそ思いつかない事が起こっているのです
多少わかっても、すぐにどうにかなる事ではない
とにかく自分の知らない所で、自分が考えつかない事が毎日起こってしまうのです

そうなると、相談者は勇気や元気が出るどころの話ではないのです
常にビクビクした状況が続き、このバカ二人の不倫にはメスを入れるなんて発想は出てくる
はずもないのです

そこからしっかりこれから起こる事を予測して

『あなたがすべき事はこれですよ』
『あなたはこれをしてはいけない』
『こういう人を味方につけて下さい』
『自分でこれを頑張るのですよ』

というように、具体的な行動アドバイスをします

それを聞くと、

『自分一人ではよくわからなかった事がわかってきました』
「自分では全く反対に考えていました』
『やらなければいけない事が明確になりました』

というように、自分がすべき事が明確になっていきます

そこから、少しずつ準備をしてまずはブス女を叩く事を行動に移すのです
なぜ不倫にブス女を先に叩けと言うのかと言えば、

‘夫婦に入ってきてはいけない人間‘

だからです

夫は夫婦の一員ですから、ブス女を排除した後にいつまでもいくらでも償いをさせれば
いいのです
しかし、ブス女は部外者ですから相談者が長い時間をかけて償いをさせる人間ではない

また、ブス女は妻への嫉妬とコンプレックスから

『私は絶対に奥さんには負けたくない』

という強い執念があるのです

そこに相談者がまず

‘女と女の戦い‘

をやらなければいけないのです

よく相談者が

『相手の女と同じ土俵に乗るなと弁護士に言われました』
『相手の女はどうでいいです』

という方がいます

しかし、それではこのブス女に弱腰になっている事になるのです
そうなると、ますますつけ上がるのがブス女なのです
自分の人としての実力をブス女に見せる事が大事なのです

それをやると、自分の自信やプライドが戻ってくるのです
そこから、アホな夫に自分の姿を見せて夫婦の主導権を握るのです
そういう手順と言うか、構図をしっかりとカウンセリングで理解してもらう事で相談者
の勇気やエネルギーが出てくるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら