浮気した夫との修復には、妻の怖さを感じさせなければいけない

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
 090-5515-8337
(日~月 10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください
無料メール相談
ブログの右横のメールフォームから入れて下さい
できれば、状況を詳しく入れてください
2日以内に返信します

メルマガ発行中(ブログ右上フォームより登録)
『夫婦問題カウンセラー木村泰之「男女の法則」』
2月26日発行 男の「弱さ」について2

夫婦問題カウンセラーの木村泰之です
浮気した夫との修復には、努力できることに幸せを感じる
ことと書きました
夫に浮気されても、修復を望む妻が多いのはなぜか
もちろん、情があるとか、子供のためとかもあります
しかし、結局は夫に精神的にも経済的にも依存している自分
がいる
修復ではなく、別れるのが怖いという表現が適切なケースも
多いのです
しかし、その依存から脱却できれば、修復の考え方も大きく
変わってきます
修復には妻としての本当の存在感が必要です
浮気している夫は、多かれ少なかれ、妻に新しく感じる
ものはほとんどないと思っています

妻に飽きた、喜びがない、いつもすがられていると思っている
簡単に言えば、浮気相手の女がそれを埋めているわけです
この勝負は、今までの自分に何かを足さないといけないのです
そこには、本当の存在感なのです
夫には「あなたの妻なのよ」、女には「私が妻なのよ」という
どっしりとした構えを出せば、夫も女もなめていたことに
気づき、怖さを感じるのです
夫に依存が強ければ、妻であることに引け目を感じ、存在感
や怖さは出ないのです

本当の怖さを出さなければ、妻に対する夫の見方が変わらない
のです
関連記事
女性の男性への接し方20(男に一途なだけでは飽きられる)
ランキングに参加中です
クリックいただくと励みになりますのでよろしくお願いいたします

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫相談へ

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

5 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    そこなんですよね!肝は・・・・!
    私も、色々悩み、責める→詮索→努力・・・
    と、経て、少しづつ安定はしてきたように思えます。
    でも、この部分が、確立していなければ
    いつまでも不安は残りますし、いつ又、相手に靡くかもわかりません。
    夫婦で、お互いいつまでも不安定な状況が続くdしょう・・・。
    夫に「さすが!妻。妻に戻ってよかった!」って、確信させることが、私の最終目標です!
    それには、女性としても人としても、素敵な人にならなければ・・・。
    これが、肝であり一番ムツかしいですね。
    具体策のヒントありますか?
    ホンとに先生、グサッと的を射てますね(#^.^#)

  • SECRET: 0
    PASS:
    妻としての、どっしりとした構え。
    あまりわかりません。
    私にはない気がします。
    難しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA