不倫はDVと同じ理屈だからこそ世の中にヘルプを求めるのは当然

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にすれば夫の言動
は、正直その真意はさっぱりわからないのが本音です

『俺はもうお前には愛情はない』
『早く俺と別れてくれ』
『お前と結婚したのは失敗だった』
『なんで俺と離婚しないんだ』
『俺をこれ以上苦しめないでくれ』
『俺には時間がないんだ』

というような言葉が日本全国、今日も出ているのです
そういう言葉を聞くと、相談者である妻からすれば

『私が夫を苦しめているんだ』

と感じてしまうのも無理はありません
そもそも結婚は対等の関係ですが、夫の言動を聞けば

‘夫被害者で妻加害者‘

のような口ぶりです

それを相談者はある意味、真に受けているのです
なぜ被害者加害者が夫婦に存在するのか
いや、もっと言えばなぜ被害者と加害者が逆転しているのか

そもそも不倫をしている夫とブス女が加害者であって、妻は被害者でしかないのです
それが逆転するのは、DVと同じ理屈です
DVは周りからは見えないわけで、だからこそ

‘家庭内暴力‘

なのです
加害者が

『お前は俺を舐めているのか、絶対に許さない』

と、自分が正義で家族が悪という定義で暴れるのです
それを周りに助けを求めない限り、その世間と真逆の定義は改められる事はない
その理屈を相談者も理解しなければいけないのです

不倫は周りにヘルプをしなければ、いつまでもDV状態なのです
それを私の相談者はよくよく理解するのです

『この問題は世の中の人に知ってもらわなければいけない事象です』
『夫婦間でどうにかしようとする意識は捨てなければいけないのです』
『自分が夫をコントロールするのではなく、夫とブス女の実態を糾弾しなければいけない
のです』

という説明に、相談者も

『周りの人に話をして、自分が一人で頑張っても意味ないことがよくわかりました』
『私が一人胸の内にとどめていても、バカ二人に舐められるだけ』

という言葉が出てきます
その中で、周りの人の応援や協力をもらう行動を始めるのです
そこからあれだけ威張り散らしていたバカ二人が、孤立する状況が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら